お知らせ

2012/12/14

APUアジア太平洋イノベーション・マネジメント・センター(AP-IMAC)の中田行彦センター長は、東北大学「東日本震災復興プロジエクト」に協力し、東北での再生可能エネルギー産業の育成に取り組んでいます。
東北大学が進める地域産業復興研究プロジェクトの一つに、同大学の柴田友厚教授(技術経営)と共同研究する再生可能エネルギー産業化支援が採用されました。
大分など九州4県は、太陽光の住宅用発電システムの普及率全国5位までに入っています。また大分県は、地熱発電により再生可能エネルギー供給量県別1位です。このように九州は再生可能エネルギーの先進地域です。これら先進地の知見を東北に移転し、再生可能エネルギーの産業化を支援し、雇用と産業の創出により、震災復興を支援する計画です。
2012年8月29日~31日、東北地方の太陽電池と風力発の現状を、柴田教授等と共に調査しました。調査先として、集光型太陽電池のスマートソーラーインターナショナル、太陽電池モジュール生産のトワダソーラー、また風力発電として、市民風力発電おおま、日本風力開発等を調査しました。

また、2012年10月21日に東北大学で地域産業復興調査研究シンポジウム「東北地域の産業展社会の復興と再生への提言」が開催され、その研究成果を「復興と新たな可能性 再生可能エネルギー産業化支援調査研究」として報告しました。固定価格買取制度が2012年7月1日に導入され、再生可能エネルギーの導入が飛躍的にすすんでおり、日本の再生可能エネルギー産業の振興と、再生可能エネルギーによる東北地域の震災復興が期待できることを報告しました。
また、太陽光発電の先行事例として、東北の太陽電池モジュールメーカーであるトワダソーラー、大分の太陽電池検査装置メーカーであるデンケン、九州のメガソーラー企画・建設・保守を行う芝浦グループ、大阪の太陽電池用接続ボックスの行田電線を紹介しました。
2013年2月6日(水)に、再生可能エネルギーの産業化支援に目的を絞った「再生可能エネルギーの産業化と東北復興(仮題)」を、東北大学で開催します。
大分のデンケン、九州の芝浦グループ等に先進事例について直接講演してもらうと共に、パネル討論により、先進事例の知識、情報等を東北に移転し、再生可能エネルギーの産業化を支援していきます。


 

トピック
研究活動
2012/12/12

2012年12月10日(月)、ロイク・ギャルソン氏 (Technical Officer, Director's Office World Health Organization、WHO) をお迎えし、"WHO's Role in Public Health: Tobacco Control as an Example" というテーマでRCAPSセミナーを開催しました。



トピック
セミナー
2012/12/10

2012年12月6日(木)、APUにて立命館アジア太平洋研究センター(RCAPS)主催のセミナーを開催しました。

今回は春名 攻名誉教授(立命館大学総合理工学研究機構 特別任用教授)をお迎えし、"Planning and Management Methodology for Urban Development based on Systems Approach and Case Studies"をテーマに講演いただきました。 

トピック
セミナー
2012/11/12

2012年11月9日(金)、Ms Nassrin AZIMI (Co-founder/Coordinator, Green Legacy Hiroshima (GLH) Initiative & Senior Advisor, United Nations Institute for Training and Research (UNITAR), Hiroshima) をお迎えし、"The continuing and relevant lessons of caution and of resilience, from Hiroshima" というテーマでRCAPSセミナーを開催しました。



トピック
セミナー
2012/11/12

2012年11月10日(土)、Ms. ONG, Dita Sandico (DSO, Fashion Designer) をお迎えし、"Sustainable Fashion: A Case Study of the Philippines"というテーマでRCAPSセミナーを開催しました。

トピック
セミナー
Connect with us:
FACEBOOK

ページトップへ戻る