2019年8月12日、15期生の男の子が、別府に「帰省」してくれました。3時間くらい、いろんな話をしました。20代、いろんなことに迷い、そして決断し、ということを繰り返す年代ですね。あとから振り返って、激動だったなあと思える20代も悪くありません。ん?30代も激動だったぞ(笑)20代で得たもの、勝ち取ったものが、未来の自分を助けてくれることもしばしばです。ということで、20代の皆さん、死なない程度に頑張ってください。私は50代をどう楽しんだらいいんでしょうね。ま、これまで通り、APUでゼミ生いじめて楽しく生きれれば最高かな(笑)

2019年7月31日、平和学の期末試験、250人分の採点途中で、完全に脳のCPUがオーバーヒートしてしまったので、さっさと帰って早めの自宅温泉しました。んで、自宅リビングで素っ裸のまま、大分ローカル番組「旬間3ch」を見ていたら、突然ゼミ生の女の子がが画面に現れました。なーんか、このままじゃヤバいかなと思って、とりあえず服着ました。あのー、自宅リビングでまでサプライズ仕掛けてくるの、控えていただけませんかね(笑)あと20期リーダーの製作途中の卒論が、パリで行われる国際カンファレンスにアクセプトされました。おめでとう。ゆっくり、しゃべるんだぞー(笑)

2019年7月28日、このメンバーがこの9月にAPUを卒業する18期生です。国際色豊かな18期生ですが、国内学生が1名もいない卒業グループは、多分、初めてじゃないでしょうか。私のような怖い指導教官の元に、異国から来て、勇気を出してきてくれたみんな、本当にありがとう。研究計画書の発表の時、緊張して声が震えていた皆さんの可愛い姿が忘れられません(笑)それから、この卒業生の中には、安藤百福名誉博士栄誉賞の受賞者もいます。おめでとうございます。卒業式でのスピーチ、がんばってください。私は例によって行きませんけど(笑)

2019年7月23日、本日、平和学2019の講義が全て終了しました。受講してくださった皆さん、ありがとうございました。そして2か月間、一緒にいい仕事をしてくださったTAさん、本当にありがとうございました(BGM)。最終回にゼミ生みんなでお揃いのTシャツで授業をしたのは、いい思い出になりました。そういう粋な企画もしてくださって、ありがとうございました。あとは、体調をしっかり整えて、イギリス留学、楽しんできてください。私を1年間もほったらかして、イギリス留学、楽しんでください。今回の留学のテーマは「Sexy & Hot」でしたっけ(笑)

2019年7月17日B、本日のリベラルブリーズ航空LB066便、別府発、可能性に揺らぐ未来行のフライトクルーの写真です。本日より、当社のユニフォームが夏仕様になりました。自由の講義のパワーポイントスライドをイメージした、トリコロールデザインになっています。また、当社の決めポーズ「自由の窓」から、CAたちがご挨拶です。この窓から社会を俯瞰し、自由であることの大切さを、若者たちに気づいてほしいという願いを込めています。と、高尚なことを言っておりますが、本日のブリーフィングで最も盛り上がった話題は、機長の〇〇〇〇〇ラブの話でした。みんな、好きだねぇ、こういう話(笑)

2019年7月17日A、20期生が専門演習を終了しました。合わせて、第20代ゼミリーダーもお役御免です。半年間、お疲れさまでした&ありがとうございました。来セメからは各自で論文作成作業を続けていきます。また、就職活動や大学院出願準備も始まります。これから先の1年の過ごし方で、君たちの未来は全く違うものになります。死なない程度に、しっかりがんばってください。ま、基本、皆さん、日本国内に残る方向でよろしくお願いします。その為には日本語スキルも上げなければいけません。ということで、秋の「経済学入門J」と「自由の講義J」でお待ちしております(笑)

2019年7月17日@、2019年春セメのゼミが無事に最終回を迎えました。本日のお題は「別府で一番好きな場所の写真一枚」でした。海、山、自室、温泉、お店、商店街、APU内のいろんな場所など、それぞれが大切にしている場所について話してくれました。別府には素敵な場所がたくさんあるという事を再認識できるいい機会になりました。ん?何ですか?なんか変ですか?Tシャツ?何のことでしょうか?私は何も気づきませんが(笑)。なんか、最近、サプライズ多くないですか。そのうちサプライズ死するかも(笑)。さて、左が今季最後のパワポです。みんなお疲れ様。

2019年7月15日、自由組・韓国支部長に「きて♪」と言われて、本当に韓国に行ってしまった組長、今、ソウルでバズってる「数珠繋ぎちーまん型ワッフル」で再会を祝福しました。「今から、チョキで切り取って食べまーす」というメールが届きました。チョキってミサイル挟んだり、ワッフル切り取ったり便利ですね。前からずっと思ってたんですが、女の子のチョキって指拡げすぎじゃない?(笑)話題は、ソウルで困っている外国人を助けてくれる天使について。天使って、7月下旬になると広島に集まって、お好み焼き食べるそうですよ(笑)

2019年7月10日、毎セメスター末恒例のIPS5でのゲリラライブを開催しました。そこで、新曲「Deadline1200」を披露しました。

まだ梅雨だから、プールは開かねえ
東日本で、カールは買えねえ
俺の論文、ゴールが見えねえ
教授怖くて、メールチェックできねえ
泳げねえ、食えねえ、全然書けねえ!

聴衆も共感してくれたようです(動画)。次の新曲は「My Favorite Place」かな(笑)

2019年7月3日、21期生主催の「踏み絵」会の様子です。ゼミ外から二回生ゲスト1名も参加しました。APUに存在するという噂の「隠れ淵ノ上ファン」をあぶり出すために実施されました。全員「私じゃないよ〜」とグリグリに、ちーまんの写真を踏みつけました。しかし、まさかのあの人が、踏んだ後、思いっきり赤面してしまい、みんなに隠れファンだということがバレてしまいました。(2019年7月5日追記)実は私ファンではなく、隠れ篠田先生ファンだったようです。2SHOT写真ゲット、よかったね(笑)ちなみに、この妙なポーズは、ゼミの公式ポーズだそうです。何を表現しているか、わかりますか?

2019年6月26日、15期生が見事クラウドファンディングを成功させ、韓国に旅立ちました。私も心ばかりの協力をさせていただきましたが、見返りで彼女を1日レンタルできるそうです。でも、こんな素敵な女の子と丸1日一緒にいると、間違いなく惚れてまうので、やめときます。その代わりに、私が死んだら、通夜か告別式に来て、棺桶にすがりつき、「これも仕事なのよ〜」と叫びながら、一日中、号泣してください。みんなも彼女の名演技、見に来てね・・・って私は見れないじゃん(笑)今度、帰ってきたら練習してもらおう。では、韓国土産は、BTSIZONEの「ふちゼミ生宛サイン色紙」でお願いしますv

2019年6月22日A、CAP最終世代の8期生、私の研究室で自分の書いた卒論を眺めながら、「懐かしい」と呟いていましたね。何年かたって「懐かしい」と言えるものに取り組んだという事も、卒論のひとつの意義なのかもしれません。IPS5から私の研究室に戻る時、一緒に歩いて行きましたが、その時のみんなの後姿、しみじみ眺めながら歩いていました。しかし、プロに撮ってもらった写真は違いますね。オートでの撮影でも、ずっと笑顔になるように話しかけてくれてました。でもやっぱり+1は、なんで私をガン見するかな? 赤いハイビスカスは、おしゃぶりじゃないぞ(笑)8期生、またおいで。

2019年6月22日@、8期生3名が卒業して5年ぶりに帰って来てくれました。んで、そのうち一人はプロカメラマンになり、あとの二人が家族になって可愛い+1がついてきました・・えっ?えっ?えーーー!!! いつから? サプライズ過ぎでしょ(笑)で、みんなでIPS5に行って写真を撮りました。ゼミ生カップルの+1ですから、+1も自動的にゼミ生?ということで、とりあえずお父さんの赤いハイビスカス、つけときました。あと、既に若者文化に疎くなりつつある彼らに、最近は「自撮り」じゃなくて「セルフィ」って言うんだよって教えときました。しかし、私はなぜ、幼児にガン見されるのだろう(笑)

2019年6月21日、15期生が私の母校の修士学生としてAPUに凱旋しました。APUで大学院説明会をして、私の研究室にも帰ってきてくれました。まだ、1年ちょっとですが、いろいろあったみたいですね。まあ、あの場所はいろいろあります(笑)凹みそうになったら、卓上の赤いハイビスカス見て、がんばってください。だって、がんばって笑顔でいれば、また会えますからねv 彼女は安藤百福名誉博士栄誉賞の受賞者でもあり、受賞記念額縁とのツーショット写真です。よく考えたら、自分の母校に自分の写真を貼ってあるってすごい事ですね。今度母校に行ったら、どっかにプリクラシール貼っとこ(笑)

2019年6月19日、休学中の19期生を迎えてのおしゃべり会が行われました。テーマは「いいブロッコリーの見分け方」です。ブロッコリー生産者の目線からの貴重な助言に参加者は、「先生の頭に似てるけど、マヨネーズかけて食べる!」と意気込んでいました。しかし、最大のサプライズは、参加した国際学生の日本語能力の高さです。普通に会話に参加してました。ゼミの国際学生諸君、日本語ベラベラじゃん。ゼミ、次から日本語だけにしようかな(笑)さて、私もお土産にそっと素焼きミックスナッツを添えられるような心配りができる人間になれるよう、微力を尽くしますかね。お土産話、ありがとう。

2019年6月13日、インターンシップ中の18期生が近況報告してくれました。母国に関係する団体の出先機関でのインターンシップで、事務所は大阪市内です。母国語と日本語を使う機会が非常に多い場所でのインターンシップで、日本語にさらに磨きをかける必要があると感じたそうです。卒業後も、そういう場所で仕事ができるといいですね。国際学生のゼミ生諸君、できれば母国に帰らず、日本にいてくれると嬉しいです。んで、卒業してからも、たまに遊びに来て土産話聞かせてください。卒業した国際学生のゼミ生諸君、みんな元気でやってるかな?

2019年6月11日B、これはまずいですね。10期生の赤いハイビスカスさんと17期生が繋がってしまいました。以前、1期生と13期生が繋がっちゃいましたが、こういう縦の繋がりは、私の悪事が伝承されてしまうので極めて不都合です。それも、よりによって海賊王とアートの塊が繋がってしまいました。この二人、何をしでかすやら、気が気ではありません。ただ、この二人がどんなケミストリーを起こすのかには興味がありますね。「二人して来襲宣言」をメールで頂きましたが、首を洗って楽しみにしています。うちのゼミ内にも、ブラッドフォード学閥ができつつありますね。

2019年6月11日A、平和学2019の赤いハイビスカスさんが、受講ゼミ生と一緒に記念撮影です。BOTTEGAのTAバッグの栄えある最初の使用者でもあります。感想は「高価なものなので傷つけそうで怖いです」とのことでした。そんなこと、全然気にしていただかなくて結構です。使ってれば傷もつくでしょうし、破れたりするでしょう。多くの高級バッグが、ほとんど使われず、箱の中に入れられて棚の奥に眠っている中、このバッグは、これから多くの素敵なTAさんに使ってもらえて幸せなんじゃないでしょうか。これから約2カ月間、サポートよろしくお願いします。グアテマラ・グリーンのバインダー持ってね。

2019年6月11日@、TAさんのバッグを新調しました。先日、遊びに来てくれた友人が「お土産」でくれた、イタリアの超高級ブランド「BOTTEGA VENETA」のアキャトルバッグです。レザーの網目模様が、あまりにも有名ですね。これまで素敵なTAさんたちに、ダサいエプソンのバッグを担がせてコキ使ってました。しかし今日からは颯爽と仕事がしてもらえます(2019/2020 Fashion Show)。いままでのTAさんから「ずるい〜」って声が聞こえてきそうですが(笑)今日から「赤いハイビスカスBOTTEGA」が、私のTAさんのトレードマークになります。

2019年6月6日、東京の某高校で出張講義を行いました。「一人で行くの寂しいな」ってツイッターで「泣き言」つぶやいたら、「何とかします」と平和学2018のTAさんが助けに来てくれました。一日限定の電撃復帰で1年ぶりにコンビを組みました。普段はアウェイ感一杯の出張講義ですが、彼女のおかげてホームでやってる感覚で楽しくやれました。泣き言、素直に言ってみるもんですね。助けてくれたお礼に、誰にも言ってない私の秘密をカミングアウトしたら、衝撃的すぎて昨夜は寝れなかったそうです(笑)それと高齢者ドライバーのタクシーがバックする時、気を付けてね〜(苦笑)

2019年5月31日、ついにこの日が・・・。「ゼミ生をちびらすなんて、過大なプレッシャーをかけすぎだ!」、「ゼミ生の『素直』な愛情表現をネタにして、動画でいじるなんてもってのほか!」、「卒業生からの相談に、もっと真摯に対応しろ!」など数々の糾弾を受け、ついにQブレイク中に追放に・・・なるもんか!これからも、悪党、続けさせていただきます。実はあるモノが変わったのですが、何が変わったかわかりますか?4月16日の写真と見比べてみてください。たくさんのゼミ生がここで流した12年分の悔し涙を吸って、かなり微妙な臭いを発するようになってましたので。

2019年5月22日、DLD11がいつものようにカフェテリアで開催されました。今回のテーマは、「我々は国籍を選ぶ権利を基本的人権として有するか否か」でした。この問いかけを「我々は国籍を選ぶ権利を基本的人権として有すべきか否か」にした方が、おもしろかったのかもしれませんね。そうすれば、結論が出るころには、全員、監視対象として誰かにマークされたかもしれませんね(笑)別にお願いしたわけではなかったのですが、動画も撮影してくれたので公開しておきます(動画1動画2)いつも思うのですが、なんでお腹いっぱいの時しか言ってくれないのかな。目の前で、空腹のときにも言ってよ(笑)

2019年5月22日、新規生の研究計画発表会が例年通り開催され、全員ビビりすぎて、見事にちびりました。「制限時間内にできていない、やりなおし」「専門用語が説明できていない」「主観的すぎる」など、先輩たちが斬られてきたのと同じようにバッサリです。おまけに、ちびっちゃったので定時で早く帰ろうとしたら、「今日は定時で帰らせないよ〜」と言われ、無情の3限ディスカッション突入です。散々な一日でしたね。でも、あれだけのプレッシャーの中で、やるべきことをきちんとやれるかということを試される経験は、なかなかないと思いますよ。じゃあ、私は定時で帰ろうっと(笑)

2019年5月3日、1,3限の「紛争と開発」JとEの間の2限に研究室でボーっとしてたら、4期生の男の子が、ひょっこり現れました。なんか最近、サプライズ訪問が多くて嬉しいです。1時間くらい話しましたが、どうやら1限の授業をこっそり見ててくれたみたいで、「先生、私達の頃より優しくなりましたね」と言われました。今の子達は、あれでも十分怖がってるんじゃないかと思ってますけど(笑)。もうアラサー世代の4期生、最近、結婚や転職など大きな節目の報告を頂いています。応援しかできませんが、元気で頑張ってください。では、来年の今日、大阪で(微笑)。

2019年4月24日、APUでの新人研修を終えたゼミ卒業生職員が配属地に向かって旅立ちました。残念ながらAPU配属ではなかったですが、朱雀キャンパスで広報を担当するとの事、ぼちぼちご縁がありそうです。研修プログラムの一環で1時間ほど話せましたし、アカデミックオフィスでの研修中にも、一度、陣中見舞いしました。楽しくて楽しくて、この一週間、ニヤニヤしっぱなしでした。ゼミ卒業生と同じ職場で同じ方向を向いて仕事できるなんて、なんと私は幸せ者なのでしょうか。「先生、ゼミ生を夢の中でぶっとばしちゃダメです!」とか怒ってもらえるのかなあ、いつか。ああ、早く怒られたい(笑)

2019年4月17日、この11名が20、21期生の新ゼミ生です。今期から新リーダーの初仕事は、自撮り集合写真の撮影という事にしました。諸先輩方、この子たちをよろしくお願いします。「先生の事は私たちに任せてください。大事にします。」と力強い言葉を頂きましたが、「でも、私たち定時で帰ります」とのこと(BGM)。もっと、構ってくれていいのに(笑)昔、セブンイレブンで働いてた頃、定時に帰って六本木に行ってたら、店長に嫌味言われたなあ。「僕なんか残業時間100時間」ってね。「それって自慢ですか」って思わず聞いちゃいましたけど(笑)

2019年4月16日、3年前の今日、熊本・大分地震が起きました。当時の私の部屋は築50年以上の9階だったので、凄く揺れて、電子レンジはぶっ飛び、冷蔵庫も倒れました。@大きな家具の側では寝ない、A寝床周辺に靴を置いておく、B室内ではユニットバスに逃げる、C携帯はあまり使わず夜間の照明として使用、D非常食を常備する(おススメは常温でも長期保管でき、持ち運びも簡単、少量で栄養も抜群、食べるときに水も火もいらないハチミツ)など基本的な対策・準備をこの機に見直しましょう。ハチミツは、紛争地、砂漠、熱帯雨林などに行くときの非常食にもおススメ・・・って行かないか(笑)

2019年4月12日、自由組の支部局会議が新宿の「つるとんたん」で行われました。組長と韓国支部長が集まって、韓日の恋愛事情について意見交換を行いました。一緒に送られてきたカリフォルニアロールの写真、うまそうでした。非国民扱いされそうですが、実は私、寿司の中でカリフォルニアロールが一番好きです(笑)次回について、韓国支部長から韓国に「きて♪」と言われた組長。胸が「きゅん!」としてしまい、次回はプサンの「キンパッ天国」で「ビビン冷麺」を食べながら開催することにしました。このミッション、二人でクリアしてくださいね。

2019年4月2日、あるゼミ卒業生から2年間の武者修行終了の報告がありました。いつもであれば、この手の写真は私に喪失感しか与えませんが、今回は逆です。この方、非常に狭き門を勝ち抜き、この4月から学校法人立命館の正職員として我々の仲間になりました。15日からAPUで研修もされるとのこと。見かけたら、「おかえりなさい」と声をかけてあげてください。しかしまあ、私のゼミ生は、なぜみんなこうも美しいのでしょうか。親バカならぬ指導教官バカかなw ついでに我が母校に一言。そろそろ我々もガウン作らない?ストールだけだと、ここじゃあ温泉に行くただのジジに見えちゃうんだよねw

2019年3月26日A、「大人の恋愛事情」トークのあと、すっかり疲れてしまった二人は、栄養補給のため、ある場所に向かいました。そして、まだご褒美ミッションをコンプリートしていなかった一人も、見事ミッション・コンプリートしたようです。お腹いっぱいで元気を取り戻した二人は、早速、私から出された宿題について話し合いました(BGM)。私が米国留学時代にやった学生寮でのサプライズ公演を超える感動を創り出すにはどうしたらよいか、熱い議論がなされたようです。いつかFII222劇場での公演、楽しみにしています。参加希望者は、写真のゼミ卒業生までご連絡をwww

2019年3月26日@、「喪失感、マジでなんとかしてくれ」って言ったら、二人の卒業生が助けに来てくれました。感謝ですね。先日来、卒業生たちが持って来てくれたお土産をつまみながら、「大人の恋愛事情」について、かなり突っ込んだ話をしました。ゼミ生の女の子とこういうテーマで話ができるとは思ってもいませんでしたが、なんか相談してくれて嬉しかったですね。詳細はここでは触れませんが、通信技術が随分進歩した現在においても、こういうテーマで悩んだりする点は私の時代とよく似ているなと思いました。一点だけ男の子に言っておくとしたら、彼女と電話するときハンズフリーはやめましょうw

2019年3月22日
BGM

2019年3月21日、昨晩、ここに掲載されている3月14日、15日の写真をまとめて受け取りました。毎半年、卒業生から受けるこの攻撃を「喪失感の置き土産」と私は呼んでいます。卒業式が終わり、何人かの卒業生やご家族と会い、さて、何とか喪失感から立ち直ろうと無理やり仕事を忙しくしていた矢先の攻撃でした。おかげで今日は、研究室で放心状態です。「じゃあ、見たくないんですか?」と言われると・・・見たいです、ハイ。美しい若者たちといると、人生は美しいって本当に思えます(BGM)。だからこそ、その喪失感は半端なものではありません。誰か、この喪失感、なんとかしてくれ、マジで。

2019年3月15日、先日予告したサプライズの報告です。実は私、10月から3月までの半年間限定で、教学部・副部長という役職に就いています。さる2月28日、教学部による卒業判定会議が行われました。つまり、本日卒業された方全員の卒業を私が直接承認した、という事です。普段あれだけゼミ生に卒業して欲しくないと言っておきながら、裏では引導を渡していたことになります。大いなる矛盾です。この仕事、二度とやりません(BGM)。私の見えないサインの入った卒業証書を、皆さんの幸せな未来に必ず繋げてください。じゃないと、罰としておでこに油性ペンで、「ちーまん」って書きますから。縦にねw

2019年3月15日、紹介した通り、青いバラの花言葉は「夢かなう」です。多くのゼミ生が、これまで私に自分の夢や希望を語ってくれました。もちろん、それを実現してくれれば最高ですが、そうでなくても構いません。これから様々な人、場所、出来事と出会い、結果としてまた新たな夢を抱くかもしれません。そしたら、その新しい夢を語りに来てください。その新しい夢も応援します。要は、自分が満足できる生き方を自分の人生の中で見つけてくれれば、それでいいわけです。でも、できれば全員、別府においで(笑)別府にリトル・サンセバスチャン作って楽しく生きれたら最高だな。みんなと一緒にね(BGM)。

2019年3月14日C、自由組メンバーだけでなく、私の研究室から新たなステージに向かうゼミ生たちが最後に目にする光景ってこういう光景なんだというのが初めてわかった写真です。こうやってこれまで数多くのゼミ生を送り出してきました。これからもそうし続けるんでしょうね。ちなみに、卓上に飾っている青いバラ、花言葉は「夢かなう」です。青いバラの開発は長い間不可能と言われていましたが、2002年にサントリーが開発しました。正式名称は「SUNTORY Blue Rose Applause(喝采)」。旅立つゼミ生を送り出すのに、これ以上の花は見当たりませんね。じゃあ、みんな、いってらっしゃい!(BGM

2019年3月14日B、ホワイトデーという事で、全国から取り寄せたデザートを準備しました。うちの自由組の組長と副長、やはりちょっと変わっていて、「いちごミルクババロア」の味を二人揃って体で表現していました。小さな手をグッと握りしめ体を丸くして、「味がぎゅーっと」ってね。可愛すぎて死ぬかと思いました(笑)。どれから食べるか皆で相談していましたが、なぜか「プリンは最後でも絶対食べれる」というのが女の子たちの共通見解でした。その自信がどこから来るのか、私には全くわからないのですが・・・。ちなみに女の子はプリンを食べると右下のようになってしまいます。プリン無双w

2019年3月14日A、みんなで手作り水餃子にしようかとも思いましたが、おなか痛くなって翌日の卒業式に出れないなんてことになったら大変です。なので、私の作る餃子に似ていて、安全で私のものより数段おいしい「みそや」の餃子を準備しました。他にも豆腐薩摩揚げのジャンキーな食べ方も伝授しておきましたので、知りたい方は彼女たちに聞いてください。「休日レシピ」にレシピあげました。卒業生を私と一緒にもてなしてくれた在ゼミ生代表、手伝ってくれてありがとうございました。次は「淵ノ上家のおぞましい薩摩隼人そば」かなw

2019年3月14日@、1月16日に全員集まれなかった自由組が再集結・・・のはずでしたが、卒業式前日で皆忙しくすれ違いになってしまいました。忙しいにもかかわらず5時間ぐらい一緒にいてくれて、水餃子をつまみながら、いろんな話をしました。メイク、イケメン、起きてから家を出るまでの時間、授業評価、町村牧場サンセバスチャン、大学での老害、広島での出来事等。彼女たちには、「私から託したいもの」についても話しました。いつか本当に託せるといいですけど。ところで、この写真、ここで唯一、私が撮影した写真ですね。私の席からの眺めです。

2019年2月27日、あるゼミ生が日本紛争予防センターでのインターンシップを、無事修了いたしました(BGM)。平和学を履修した方なら誰もが知っている方との2ショット記念写真です。彼女が自分の意志で一歩踏み出したから、この写真があります。「自分の人生は自分で変えられる」と誰かさんがおっしゃってましたが、その為には、まず自分の意志で一歩踏み出す勇気が大切だという事が、よくわかります。ゼミ生たちが、いろんな所で、いろんな一歩を踏み出しているようですが、うまくいこうがいくまいが、それを眺めるのが楽しくて仕方ない今日この頃です。

2019年2月10日B、これでリベンジサプライズは完了です。やられっぱなしじゃ悔しいですから。写真は、11月9日サプライズの主犯格2名が2017年8月6日の広島平和記念式典に参加した時の写真です(BGM)。今回のリベンジシリーズを通して、普段は見ることのできない皆の様々な表情や素敵な一面を見ることができて大満足です。さて、実はあと一つ、サプライズが残っています。堂々のサプライズ予告です。対象者は複数、内容は極めて地味ですが基本的には喜んでもらえる事です。しかし、やるほうは、全く気が乗りません。だったら、やらなきゃいいんですが、そうもいかない。3月中旬頃に報告します。

2019年2月10日A、2つ目は2月9日に広島大学で行われた修士論文報告会へのサプライズ潜入です。11月9日サプライズの主犯格に対してリベンジさせて頂きました(BGM)。発表直前に会場の私に気づいたゼミ卒業生、それを見てほくそ笑む私。発表後の質疑応答でボコボコにしてやろうかと思っていたら、他の先生にボコボコにされていました(笑)。終了後、怒られる前にさっさと逃げようとしたら、半泣き顔で追いかけてきて「緊張して発表できなくなるかと思いました」と。ちょっと可愛相になったので、新型ちーまん渡して逃げましたw 発表お疲れさま。

2019年2月10日@、実は、この1カ月でサプライズを2つやりました。2018年11月9日のサプライズに対する2つのリベンジ・サプライズです。一つ目は1月16日に行われたサプライズ表彰式です。詳しくは動画をご覧ください(動画)。サプライズのとまどいと緊張感漂う前半と、そこから解放された自由すぎる後半(笑)の差もお楽しみください。「偶然」とは言え、「自由組」の名にふさわしい感じですね。「必然」だったのかな?ノーベル化学賞の田中耕一氏はこう言ってます。「偶然も強い意志がもたらす必然」だと(NHKスペシャル)。

2019年1月29日、10月から始まり、QB、WBを挟んで約4か月の長丁場になった経済学入門が、本日、全ての講義を終了しました。履修してくださった皆さん、長期間、朝一から参加してくださってありがとうございました。そして全力でサポートしてくださったTAさん(BGM)、本当にありがとうございました。冬の朝一はかなり大変ですが、しっかり仕事をしてくださいました。TAさん曰く「少なくともフランク三浦とフランクミュラーの違いは、わかるようになりました」とのこと、良かったです。英国での更なる飛躍、期待してます。

2019年1月23日、2018年度のゼミが終了しました。最後のゼミでは「APUでの思い出の一枚」と称して皆で写真を持ち寄り、思い出話に花を咲かせました。ひとしきり話してゼミを終えようかと思ったら、次期ゼミリーダーから「先生はどうやってリッチになったのか?」という直球ど真ん中の質問をされました。そこから、お金にまつわる話になり、教授の給料や資産運用などについて話しました。そして、この1年以内で買った最も高額なものを全員披露する流れに・・・皆の消費行動が知れて、とても興味深かったです。19代目、秋セメお疲れ様。2人の17期生、最後のゼミに参加してくれてありがとう。

2019年1月16日、17期生・自由組によるご褒美ミッションが行われました。どうやら見事ミッションコンプリートしたようです。残念ながら日程の都合や体調の問題で少数での実行となりましたが、なぜか、かなり盛り上がったようです。「うわついてちゃ、だめですか?」「このあと、パフェ食べれるなんて、幸せ・・・」「パフェ食べると苺が歯に挟まるから気を付けて」など会話も弾んだようです。しかしまあ、あれ食って、その後パフェ完食とは、若者の食欲、恐るべしです。TA会議の時は猫かぶってたな(笑)。さて、今日もあの店にひょっこり行って、飯でも食いながら、『島耕作』でも読みますかね。

2019年1月16日、Draft Day後のFLD17です。17期生は正式な論文提出、それ以外は課題提出を全員終えてのランチです。卒ゼミした17期生から後輩たちにメッセージが託されました。「論文は早く書き終えた方がいいよ」「うちの先生は、愛想ないし、怖いし、もてないし、二人で会うのはちょっと無理っぽいけど、恋愛相談以外なら相談してみるといいよ〜」など、参考になりますね。私から、社会に出る皆さんに伝えておきたいのは、自分の口から出た言葉は、それを最も聞かれたくない人にも必ず届くという前提と覚悟でしゃべること。じゃないと身を滅ぼしますよ。最後に先輩からの切実なお願い(ここ

17期生が専門演習の主力メンバーの時、私のゼミが10周年を迎えました(2018年1月17日参照)。もう随分昔のような気がしますが、まだ、たった1年前なのですね。2年前、または3年前、17期生の皆さんが自分でやりたいと始めた卒業論文。特に4年生になってからはモティベーションの維持が大変だったでしょう。最後の1セメは、たった1単位しかないし、別に卒論必修じゃないし。途中でやめたって誰に迷惑かけるわけでもなし。でも、だからこそ、完走した方には意義があるのではないでしょうかね。自分に自分で言い訳しなかった皆さん、ご苦労様。

2019年1月16日、この来る3月に卒業予定の17期生、最後のゼミ終了後にグループ写真です。もう要領を得ているようで、真ん中に来ない私を見透かして「俺たちが動けばいい」と私を中心に鶴翼の陣をさっさと展開してしまいました。ただ、私の隣に立つ人の人選はもめたようで、嫌がるリーダーを無理やり立たせて、ハイ、ポーズということに。1、2、3・・・・10人!あのー、ちょっと一気にいなくなりすぎだろ!リーダー、なんとかしてもらえませんかね。ビーコンプラザって、何センチ雪が積もったら屋根が壊れて使い物にならなくなるのかな?

2019年1月15日、17期生・平和組によるご褒美ミッションが行われました。今回は人数が多いので、平和組と自由組のふたつに分けて実施されています。平和組6名、どうやらミッションコンプリートのようです。2年生の調査研究法で「私、変人になりたいです」とカミングアウトして、チョコ納豆食ってた皆さん、どうでしょう、立派な変人になれましたか?さて、また怪情報が飛び交っているようですが、コーヒーも紅茶も止めてしまった私が別府市内のカフェに出没することはありえません。旅に出ると解禁し、カフェにも行きますけど。それから、普段使いする大事な店は、観光客で溢れると困りますよね。

2019年1月15日、卒業論文の最終締め切りを明日に控えた17期生の一部が、直前の追い込み合宿です。でも、なんかイマイチ集中できていないようですね。「ふふふ、24回目。25回到達ならアタックチャンス?」「ビデオカメラで表情をうまく撮るアングルって・・・」「2ショット写真・・・」「なんで先生は私が行くたびに、あんこチャレンジやるの?私=あんこチャレンジの謎」。こらこら、もっと集中しなきゃ、間に合いませんよ!ま、間に合わない方が、私にとってはいいですけどね。もうちょっとゆっくりしていけば?

2019年1月9日、ゼミに所属して10か月、ついに19期生がグループ写真デビューしました。それも、私からお願いしてやっとです。かといって、別に19期生は仲が悪いわけでも、やる気がないわけでもありません。中間発表では全員素晴らしい発表をしました。でも緊張しすぎて発表前に「えへへ」と突然笑い出す子がいたり、「愛国心」話題でゼミ中やゼミ後に談笑したりと楽しそうにやっています。次回の談笑会のテーマは、「どうやったら別府の電車の本数を増やせるか」ということらしいですよ。さて、じゃあ皆でかっぱの湯にでも行って、飯奢ってくれそうなおじさん、探しましょうか♪

2018年12月25日、ある6期生が帰ってきてくれました。この写真は、5−8期生合同の2012年春セメ打ち上げパーティーの様子です。この6期生から、「最近の先生のTAさん、可愛い子ばかりですね」と突っ込まれました。「別に選んでそうなってるわけではなく、そもそも希望者が少なくて探すの大変なんだよ」と説明しましたが、疑いのまなざしが・・・。薄給・早起き・激務でもがんばってくれた歴代のTAさんの写真を、もっとたくさん撮って掲載してあげればよかったと後悔しておりますm(_ _)m

2018年12月19日、You were here登場回数22回を誇る最多登場ゼミ生を迎えて、「どうやったら登場回数増やせるか」講習会が開催されました(BGM)。「私クラスになるとカメラが私を自然に写しに来るのよ」という解説に、コーネルノートでメモを取りながら感心する参加者たち。「だから劇画タッチVerにも、ちゃんと私写ってるから。」会場からは、「おー確かに」と感嘆の声が。そして、しっかり23回目のフレームインで記録更新です。流石、世界記録保持者ですね。 参加者には、もれなくサンタさんから「苺でかポッキー」が配られたようです。

2018年12月18日、経済学入門が一旦冬休みに入りました。2018秋セメはTAさんにとって、いろんな事がありましたね。第2Q開始時に、TAさんにちょっとしたアクシデントがあり、その際、緊急の代打を引き受けてくれた受講生さんと感謝の2ショットです。助けてくださった学生さん、本当にありがとうございました。来年、是非、TAを(笑)。そしてTAさんにとっては、今年の最後にいいクリスマスプレゼントが英国から届きましたね。来年以降、しっかり頑張ってください。さて、今夜はまた、うまいファンタグレープが飲めそうだな。乾杯♪

2018年12月10日、ある6期生が6年ぶりに研究室に帰って来てくれました。これは彼らが論文合宿してた時の写真ですね。6期生は唯一、ゼミの卒業旅行を敢行した代です。来てくれた6期生には、とてもつらい事があったようですが、そんな時、表参道で一緒にハンバーガー食べながら話を聞いてくれた同期達に、とても感謝しているようでした。そういう絆を作ってあげられたことを、本当に嬉しく思います。また、東京で集まるようなので、その時の写真を是非送ってください。別府でもいいですけど・・・そうしたら?赤いハイビスカスさんが4人いますね。

2018年12月5日、自由の講義2018の全ての日程が終了しました。参加してくださった皆さん、ありがとうございました。そして2か月間、全力で学生さんと私をサポートしてくださったTAさん(BGM1BGM2)、本当にありがとうございました。ご迷惑かもしれませんが、三人目の「勝手に認定ゼミ生」とさせて頂きます。いつでも研究室に遊びに来てください。んで、大黒屋柏屋の「くるみゆべし」ください(笑)助けてもらってばかりで何もしてあげられなかったけど、あなたの人生をずっと応援してます。「みそや」でね(笑)

次の You were here 100件