student life BY CATEGORY

student life BY YEAR

PRINT PAGE

2017/02/15

音楽との運命

2017/01/26

「Finding Home~故郷を探す~」写真展

2016/12/09

カルチャーワゴンキャンプ

2016/11/25

Trick or Treat-お菓子をくれなきゃイタズラするぞ!

2016/11/24

熊本子どもキャンプ

2012/1/31

APハウスで年越しイベントを開催

 

毎年、APハウスでは、年末の12月31日から1月1日にかけて「年越しイベント」を開催し、寮生たちが一緒に新年の始まりを祝っています。今年の年越しイベントは、「鼓動~特別な時間を、特別な人と、特別な場所で~」と題して、2つのギネス挑戦企画やビンゴ大会、ステージ、抽選会など様々なイベントを行いました。

ギネス挑戦企画の一つ、「玉ねぎ早食い大会」では、41秒というギネス記録に20名以上の参加者が挑戦しました。ルールは生の玉ねぎ1個をどれだけ早く完食できるかというもの。参加者は涙と鼻水まみれになりながら果敢に玉ねぎに向かいましたが、全員、あえなく撃沈。玉ねぎの恐ろしさを、身を持って体験した結果となりました。参加者の一人からは「手が震えるほどつらかった・・・玉ねぎに襲われている気がしました」の声も。

一方、APキッチンでは40カ国以上の料理を詰め込んだ「多国籍おせち」作りでギネスに挑戦しました。こちらも記録は塗り替えられませんでしたが、ベトナムやタイ、バングラデシュ、スリランカ、インドネシアなど約15カ国・地域出身の寮生20名以上が母国の代表的な料理を作り、エキゾチックな香り漂う、彩り豊かなおせちが完成しました。(もちろんできあがった料理はこの後、寮生の胃の中へ。)

他にも、国際学生のための書道体験や、ステージパフォーマンス、ビンゴや抽選会などなど・・・。そして夜も更け、手作りの年越しそばならぬ年越しうどんと焼きおにぎりを頬張ると、ついに、カウント・ダウン。3,2,1・・・

集まった約250名の寮生は、口々に“おめでとう”を言い合い、新年を祝いました。

イベントの企画・運営を行なったのは寮生の寮生活を支援しているRAたちです。毎年、担当になったRAが、趣向を凝らした様々な催しを企画しています。今年の代表は小谷 力さん、副代表は中村 太一さん。2人を中心にコアメンバー13名が2ヶ月前から、授業やRAの仕事の合間をぬって準備を進めてきました。今年のイベントの特徴は普段交流の少ないAPハウス3の寮生も参加したこと。小谷さんは「寮に残っている学生に特別な時間を提供したい、楽しんでほしいと企画を練りました。結果、大勢が参加し、楽しんでくれてうれしかったです」とイベントを振り返りました。

実はこの二人、イベントの最後にサプライズとして、内緒でキャンディを用意していたんです。カウントダウンで参加者全員に手渡すつもりだったとか。この大量のキャンディは日の目を見ることなく、今も中村さんの部屋のどこかにあるそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

PREVIOUSE PAGE