student life BY CATEGORY

student life BY YEAR

PRINT PAGE

2017/02/15

音楽との運命

2017/01/26

「Finding Home~故郷を探す~」写真展

2016/12/09

カルチャーワゴンキャンプ

2016/11/25

Trick or Treat-お菓子をくれなきゃイタズラするぞ!

2016/11/24

熊本子どもキャンプ

2017/2/15

音楽との運命


この世の中には運命というものがあると思います。私たちが普段この言葉を見聞きすると、親友同士の家に生まれた男女が共に成長し、結婚して幸せな一生を送るという様なラブストーリーを連想するのではないでしょうか。それでは、皆さんは音楽との運命について、これまで考えたことがありますか。APUには、その「音楽」との運命を強く信じる学生、Nguyen Ngoc Truong Anさん(アジア太平洋学部3回生、ベトナム)が居ます。彼女は、APU生の間ではアマチュアのバイオリニストとしても知られる人物です。


3歳のときにピアノを始めたAnさんですが、実は初めから音楽に興味があった訳ではなく、お父さんから言われるがままにしていただけであったと言います。しかし、転機はAnさんが中学に入った頃に訪れます。彼女のピアノの先生が産休に入った為、Anさんは数ヶ月もの間ピアノを弾きませんでした。しかしある日、友達に誘われて遊びに行った家で、近所の女の子がピアノを弾くのを聞いた瞬間、Anさんはピアノを弾きたいという衝動に駆られます。すぐに家に帰ったAnさんは、真剣にピアノの練習を始め、それからはほぼ毎日練習するようになりました。


13歳の頃にはAnさんの興味はバイオリンへと向きますが、お父さんは娘はすぐに飽きてしまうだろうと思い、バイオリンを習う事を許してくれませんでした。しかし、ある日お父さんの友人がAnさんに古いバイオリンをプレゼントしてくれた事をきっかけに、お父さんも遂に娘の願いを聞き入れ、ホーチミン音楽院から先生も探してくれました。バイオリンの先生について話すAnさんの目は、誇りと尊敬の念で輝いていました。Anさんは知識をすばやく吸収することができた為、あっという間に全ての技術を習得したそうです。先生に初めて会ったときには、一度もきちんとバイオリンを習ったことがないにも関わらず、一曲披露し先生を驚かせました。その後も、たった3ヶ月でビブラートの技術を身につけ、先生はとても喜んだと言います。そんなAnさんを先生はとても可愛がり、彼女も先生をもう一人のお父さんのように慕ったのです。


このような幸運に恵まれたAnさんですが、勉強との両立の為、バイオリンの練習だけに専念し技術を磨くことはできなかったそうです。APUに入学してからは、子ども時代の埋め合わせをするかの様に、Anさんは毎日バイオリンを弾き始めました。APUの良い所は様々なイベントがあり、それに参加してバイオリンを弾けることだそうです。また、2回生の時、AnさんはAPUの国際学生として初めて、別府市民フィルハーモニア管弦楽団で演奏をしました。


Anさんの話を聞いている間、私は何度もわくわくしました。しかし、Anさんが他の人と違う点は、運命を固く信じていることです。運命はあまりに曖昧な概念で、その存在を信じる人はごくわずかです。しかし、Anさんにとっては、子ども時代の音楽をめぐる道のりにしても、APUと別府で培った音楽のキャリアにしても、その全てが音楽との運命なのです。友達と近所の家へ遊びに行き、そこで女の子がピアノを弾く姿を見ていなかったら、音楽の道へ進んではいなかったでしょう。お父さんの友人が古いバイオリンをくれなかったら、バイオリンを習うこともなかったでしょう。そしてAPUに来なかったら、数多くの音楽イベントに参加し腕を磨くことも、ましてや別府市の管弦楽団に参加することもなかったでしょう。現在のレベルに到達するまでには数々の困難もありましたが、Anさんはこれを運命が起こした結果だと信じています。とはいえ、子どもの頃にもっと身を入れてバイオリンを練習すればよかったと後悔することもあるそうです。


プロとして音楽の道を進むつもりですかと尋ねると、Anさんはお父さんの言葉を引用し、「趣味が仕事になったら、それはもう趣味ではない」と答えました。その為、彼女はプロのバイオリニストになるつもりはありませんが、音楽セラピストなど音楽を取り入れた仕事に就きたいと考えています。


Anさんへのインタビューは、私にとって単なるインタビューではありませんでした。私たちは「運命」についてだけでなく、音楽やバイオリンについて互いの興味や意見を共有しました。私はふと毎朝見ているベトナムの番組を思い出しました。ジャーナリストと知識人がコーヒーを飲みながら面白いテーマについて話し合うというもので、そのジャーナリストはよく「興味深い人物と話す時は、ただ座ってその人の話を聞くだけでいい。」と言っていました。Anさんと会ってお話が出来たことは、とても良い刺激になりました。Anさんが今後も音楽への情熱を持ち続け、一層向上し、さらに多くの人々の心を掴むことを期待しています。

PREVIOUSE PAGE
APU学生広報スタッフ - Student Press Assistant (SPA)
TRAN Thi Viet Hai (ベトナム)