student life BY CATEGORY

student life BY YEAR

PRINT PAGE

2017/02/15

音楽との運命

2017/01/26

「Finding Home~故郷を探す~」写真展

2016/12/09

カルチャーワゴンキャンプ

2016/11/25

Trick or Treat-お菓子をくれなきゃイタズラするぞ!

2016/11/24

熊本子どもキャンプ

2016/11/24

熊本子どもキャンプ


2016年10月15日、16日の2日間、別府北ローターアクトクラブは、天空祭特別企画として、今年4月に起こった熊本地震で被災した熊本の小学生を対象に別府での楽しいキャンプを実施しました。学生広報スタッフの私も、ボランティアの一人としてこのキャンプに参加できて大変光栄でした。



ローターアクトクラブは、社会奉仕、国際奉仕、環境奉仕、クラブ管理・運営、自己啓発の5つを目標とし、ボランティア活動の実施を目的とする国際的な機関です。なかでも別府北ローターアクトクラブは、日本にある他のローターアクトクラブとも異なる独自性を持っています。多文化が共存するAPU内に所在することから、別府北ローターアクトクラブには多くの留学生が参加しています。現在、別府市民のほかに8名のAPU学生(日本人学生および留学生を含む)がさまざまな活動に参加しています。例えば、春休みと夏休みには、複数の幼稚園や保育園を訪問し、興味深い授業を行っています。また、震災で被災した熊本県を支援するために別府駅前で募金活動も行いました。このほかにも参加者は、スリランカ、ネパール、タイ、台湾などの国外のローターアクトクラブと交流を深めています。



今回行われた「熊本子どもキャンプ」では、熊本東南ローターアクトクラブと協力し、熊本の子ども達にとって思い出深い体験になるような企画を実施しました。キャンプ初日には、小学生たちはAPU留学生のボランティア達と一緒に4つのグループに分かれ、天空祭に参加し多国籍な料理を味わいイベントを楽しみました。夕方には、大分県内の竹細工職人の協力を得て、竹細工づくりを体験することができました。キャンプ二日目は、別府の観光名所の一つである竈地獄を散策しました。誰もが地獄の水が変色するという驚くべき光景に感嘆していました。また竈地獄を堪能した後は、近くの温泉に浸かって癒されました。



活動自体はうまくいったとしても、その準備段階が何よりも大変なものです。熊本子どもキャンプのリーダーであった渡辺彩加さん(アジア太平洋学部3回生)は「私はキャンプのリーダーでした。正直に言って、リーダーという立場は本当に難しく根気のいる仕事です。最初は、自分の言いたいことがなかなか伝わらず、役割分担などの指示もうまくできませんでした」と語ります。彩加さんの話では、夏休み中ということもあり、学生間での対面での準備・打ち合わせがほとんどできなかったということです。また、熊本ローターアクトクラブとの打ち合わせも行うことができませんでした。しかし夏休みが終わると、メンバー全員がキャンプの準備に一生懸命取り組むようになったと彩加さんは話します。皆が協力的になり、打ち合わせもきちんと行うことができ、次第に彼女も落ち着きを取り戻し意欲的になっていったそうです。金銭面について彩加さんは、初めはキャンプのスポンサーが集まりませんでしたが、しばらくして経営管理研究科(GSM)学生のグループから寄付を受けたと話しました。その後は、多くの人から活動に対して寄付を受けるようになり、キャンプを企画することができたようです。「しかし何よりも一番うれしかったのは、熊本ローターアクトクラブから子ども達がキャンプに参加できたことを大変喜んでいて、また別府に行きたいと言っているという報告を受けた時です」と、彩加さんは語りました。



私も他の留学生とともにキャンプに参加出来、本当に良かったと思っています。子ども達が到着する前は、子ども達にキャンプを楽しんでもらえるか不安でとても緊張しました。しかし、そんな私の心配をよそに子ども達はキャンプの間ずっと笑顔でした。言語の壁は一つの課題でしたが、それが原因で子ども達と楽しく過ごせないということはありませんでした。なぜなら、私たちは、子ども達の指導役という役割を果たすためだけにここにいるのではなく、不幸にも震災という惨事を経験しなければならず、落ち込んでいる子ども達を笑顔にし、幸せにして、別府で思い出深い体験をしてほしいと思っていたからです。私たちは、子ども達を理解しようと、彼らと一緒に遊ぼうと必死でした。


こうして子どもキャンプは無事に終わりましたが、現在別府北ローターアクトクラブは、休むことなく11月に行われる活動の準備を進めています。彩加さんの話では、別府北ローターアクトクラブ、留学生、熊本ローターアクトクラブ、そして別府市内の高校生の間で国際交流活動を実施する予定です。この活動を通じてAPU留学生に別府市の魅力をもっと知ってもらいたいと思っています。別府北ローターアクトクラブでは、ローターアクトクラブの会員募集をはじめ、このイベントへの参加者も募集しています。興味のある方は、ぜひ参加してみてください。


PREVIOUSE PAGE
APU学生広報スタッフ - Student Press Assistant (SPA)
APU学生広報スタッフ - Student Press Assistant (SPA)
TRAN Thi Viet Hai (ベトナム)