student life BY CATEGORY

student life BY YEAR

PRINT PAGE

2017/02/15

音楽との運命

2017/01/26

「Finding Home~故郷を探す~」写真展

2016/12/09

カルチャーワゴンキャンプ

2016/11/25

Trick or Treat-お菓子をくれなきゃイタズラするぞ!

2016/11/24

熊本子どもキャンプ

2016/10/14

卒業生インタビュー-武田奈美歩さん(アジア太平洋学部 2013年春卒業、日本)

APUを卒業後、就職活動を終えて企業で働き、貴重な実務経験を積む道を選ぶ学生がいます。一方、大学院に進学してさらに上の学位課程で研究を続けるという選択をする学生もいます。SPAは今回、そうした卒業生に話を聞くことができました。現在東京のモルディブ共和国大使館に勤めている武田奈美歩さん(アジア太平洋学部観光学専攻 2013年春卒業)です。APUを卒業した武田さんは、オックスフォード・ブルックス大学で、プランニング(ツーリズム:環境と開発コース)の修士課程に進むことにしました。では、タケダさんに詳しくお話を伺いましょう!


1なぜ大学院に進もうと思ったのですか?
私は最終的に、途上国の貧しい人たちを援助する国連のような国際機関で働くことを目標にしています。その中でも特にツーリズムによる持続可能な地域開発に関わる分野を希望しています。三回生の時、他の学生や友人と同じように就職活動を始めたのですが、自己分析テストや面接などを受けるなか、改めて自分がやりたいことを再確認することができました。希望の職に就くには修士号が必要で、APUを卒業したらまた海外に住んで仕事をしたいと願っていたこともあり、イギリスのオックスフォードで専門的に勉強を続けることに決めました。


2なぜ修士号をとるのにオックスフォード・ブルックス大学を選んだのですか?
学士論文を書き終えた時点で今後何を専門的に学びたいかがはっきりしていた為、その分野でよく知られた大学院を探しました。イギリスを選んだ理由は、持続可能な観光開発を専門とする良いコースがあると教授に勧めて頂いたからです。修士号が一年間で習得できることにも惹かれました。まずは自分で色々と調べ、教授や友人に相談した後、三つの大学に出願し、全ての大学から合格通知を頂きました。最終的にはオックスフォードという場所と学費の面を考慮してオックスフォード・ブルックス大学を選択しました 。


3どのようにしてオックスフォード・ブルックス大学を知ったのですか?
自分が専門としたいコースのある大学を探したところ、この大学の名前がでてきました。また、大学とコースをリストアップしたものを持って教授に相談に行くと、この大学を勧めて下さいました。あまり多くの大学で教えられている分野ではないので、特に苦労することなく自分が勉強したいコースを見つけることができました。


4オックスフォード・ブルックス大学にどうやって出願したのか、簡単に教えていただけますか?
大学のホームページで情報を得た後、UKPASSという出願者がオンラインで簡単に申請できる大学院申請システムを通して出願しました。


オックスフォード・ブルックス大学 大学院: http://www.brookes.ac.uk/studying-at-brookes/courses/postgraduate/
英国大学院共通入学申請システム (UKPASS):http://ukpass.prospects.ac.uk/pgsearch/UKPASSCourse


5プログラムに出願するのにどのような準備をしましたか?
まず自分で全ての書類を準備してから、教授やネイティブの友人、また既に大学院で勉強している先輩に申請書類のチェックをしてもらいました。 私の場合、志願書と研究計画書の作成に一番時間がかかりました。APUの4年間で講義の8割以上を英語で受講していたので、IELTS対策にはそれほど苦労しませんでした。


6当時、いちばん大変だったのはどんなことですか?
既に就職活動を終えて4 月から働き始める友人と、全く異なる状況にある自分を分けて勉強を続けることが少し大変でした。全ての書類を揃えて4月の初めに大学院に出願し、出発の9月までは学費と滞在費の足しにするためにアルバイトをしていました。


7大学院生としての生活にどんな印象をお持ちですか?
大学院での生活は概ね忙しくて大変でしたが、また充実した経験でもありました。1日に読む文献の量や勉強量は予想していたよりずっと多かったです。ある授業の初日には、分厚くて重い前期分の資料を渡されたのですが、一日分が約30ページありました。一方では、学業以外にも大学やオックスフォードの政府観光局で就労経験を積むことができました。関心のある分野で働くことはとても良い経験になり、学外にも様々な背景を持つ多くの友人をつくることができました。


8APUの学生に伝えたいことがありますか?
希望する進路に関わらず、挑戦する前に決してあきらめないで下さい。一歩ずつ前に踏み出すことで少しずつ目標に近づくことができ、また新しい道を開くこともできます。APU生の皆さんは失敗を恐れずに新しいことに挑戦する勇気を持っていると信じています。みなさんの今後の活躍を心から願っています!


PREVIOUSE PAGE
APU学生広報スタッフ - Student Press Assistant (SPA)
TRAN Thi Viet Hai (ベトナム)
RACHMAN Muhammad Aulia (インドネシア)