student life BY CATEGORY

student life BY YEAR

PRINT PAGE

2017/02/15

音楽との運命

2017/01/26

「Finding Home~故郷を探す~」写真展

2016/12/09

カルチャーワゴンキャンプ

2016/11/25

Trick or Treat-お菓子をくれなきゃイタズラするぞ!

2016/11/24

熊本子どもキャンプ

2016/2/19

「挑戦し、理想を現実に変えよう」 APUで初めてのミュージカルショー:フラッシュライト


学生広報スタッフ(SPA)は2015年12月22日(火)に行われた、コモンベトナム主催のミュージカルショー「フラッシュライト」の代表にインタビューを行いました。このショーはステージで音楽を愛する学生にその才能を披露してもらうことを目的としたものです。また、このショーの収入はベトナム南部のメコンデルタ地域の恵まれない人々のために役立てることになっています。


NGUYEN Hoang An (国際経営学部4回生, ベトナム):
私はマーケティング専攻の4回生です。ザックと呼んでください。

NGUYEN Thi My Duyen(国際経営学部2回生, ベトナム):
私もマーケティング専攻の2回生で、ニックネームは二コルです。

TRAN Phuong Trang(アジア太平洋学部2回生, ベトナム):
私はトランです。観光学専攻の2回生です。


<このイベントはいつ企画を始めましたか。なぜこのイベントを企画しようと思ったのですか。>


ザック: 6月にこのイベントの企画を始めました。私たちのコモンベトナムというサークルはパシフィックカフェで「アコースティック・ナイト」という定期的な音楽イベントを開催していますが、今年は何か新しいことをしたかったのです。ニコルはかねがね演劇を上演したいと思っていて、私はコンサートを開催したいと思っていましたので、二人のアイデアを合わせてAPUで初めてのミュージカルショーを開催することにしました。


<「フラッシュライト」とマルチカルチュラルウィークのグランドショーの違いは何ですか。>


ニコル: 私達は文化的な要素に焦点を当てる必要はありませんので、個人の才能をより強調します。また、私達は国を超えたチームです。例えば、主演女優はタイ人ですし、メインのディレクターはインドネシアの学生です。グランドショーと違って、私達のショーの女優や俳優はパフォーマンス全体に関わる必要があり、全部の歌と踊りを覚えなければなりませんし、2か月という短期間で集中して練習する必要があります。


<なぜ「フラッシュライト」という名前にしたのですか>


ニコル: 第一の理由はとても単純です。以前、P!NKが歌った「フラッシュライト」という歌がとても人気がありました。私はただこの歌をショーに入れたかっただけなんです。結局は、この歌からショー全体のアイデアが浮かびました。誰でも困難に直面しますが、何かが、あるいは誰かが、この暗闇の時に光を照らしてくれるという歌詞からストーリーができたんです。


<ショーの制作過程で難しかったことは何ですか>


ニコル: まず、時間管理が私には難しかったです。スケジュールがきつくて、時々あきらめそうになりました。でも、メンバーが私をしっかり支えてくれて、このプロジェクトを続けることができました。
ザック: 私はショーの代表者として、大学のオフィスと連絡をとったり、毎週のスケジュールを決めて、メンバーに出席するよう連絡したりする仕事があります。だから、個人的な用事は後回しにして、ショーに全力投球しなければなりませんでした。



<「フラッシュライト」のストーリーを教えてください>


ニコル: ショーのメインテーマは、困難に直面しても若者が夢を追い続けることです。ショーではAPUの才能ある学生のパフォーマンスをたくさん見ることができます。


<このショーに何を期待しますか>


ニコル: まず、サークルのメンバーがこのイベントを通じて達成感を得ることです。このイベントはメンバーのスキルを向上させるための足掛かりです。将来はコモンベトナムサークルの定期活動にしたいと思っています。
ザック: 私は、若者に挑戦し、理想を現実に変えろというメッセージを広めたいです。


<このイベントはチャリティですが、集まったお金は何に使われますか>


ザック: 私達はこのアイデアを長い間温めていました。イベントの代表者として、できるだけ多くのチケットが売れるように努力して、資金を集めて、メコンデルタ地域の恵まれない人達をサポートします。


<このショーから何を学びましたか>


トラン: ショーマネージャーとしてのマネージメントスキルとかコミュニケーションスキル、チームワークスキルなど、いろいろなことを学びました。将来のキャリアできっと役に立つと思います。


ニコル: APUを卒業したら、ディレクターになりたいです。このショーで得たすべての経験が、私の選んだ道に役に立つと思っています。


ザック: このショーを制作する過程を通して、みんなにとってよりよいものを作るために人を説得したり結びつけたりするのにコミュニケーションの力を実際にどう利用するのかということを学びました。「フラッシュライト」は一生忘れられないAPUでの思い出になると思います。


今回インタビューを行ったSPAメンバーもミュージカル「フラッシュライト」を見て楽しみました。ミレニアムホールは、期待していたよりはるかに多い300人以上の観客で埋め尽くされました。俳優と女優の素晴らしいパフォーマンスでショーは大成功でした。


PREVIOUSE PAGE
APU学生広報スタッフ - Student Press Assistant (SPA)
NGUYEN Huong Giang (ベトナム)
MAO Yuhan (中国)
杉原美穂 (日本)
THOMAS Blessing Temitope (ナイジェリア)