student life BY CATEGORY

student life BY YEAR

PRINT PAGE

2017/02/15

音楽との運命

2017/01/26

「Finding Home~故郷を探す~」写真展

2016/12/09

カルチャーワゴンキャンプ

2016/11/25

Trick or Treat-お菓子をくれなきゃイタズラするぞ!

2016/11/24

熊本子どもキャンプ

2013/12/2

食事以上のもの:Lunch Relief-募金プロジェクト


11月4日から8日は、ベトナムウィークではありませんでしたが、カフェテリアのエスニックフードコーナーでベトナム料理が販売されていました。目にした方もいらっしゃるでしょう。エプロン姿のベトナム学生たちが、忙しく立ち働いて、列を作って待っているお客さんのために料理を用意しました。笑顔とありがとうの言葉がそれに続きました。それは単なる食事ではありませんでした。「Lunch Relief-募金プロジェクト」というプロジェクトでした。


「Lunch Relief-募金プロジェクト」は、ベトナム人学生4名によって、最近のウーティップ台風で被災したベトナム中部の被災者のための募金をする目的で設立されました。台風はベトナム中部を直撃し、数千世帯の家を奪い、道路を冠水させ、多くの命を奪って、破壊の跡を残していきました。5日間、1限から3限まで、APUのエスニックフードコーナーでベトナム料理を販売し、売り上げから一皿につき40円を寄付しました。また、誰もが寄付を行うことができるようにカフェテリアにブースを用意しました。メニューはシンプルで、牛肉麺、豆腐ミートボール、スイートコーンスープの3品でした。


企画が承認された後、プロジェクトチームには準備の時間が一週間しかありませんでした。「Lunch Relief-募金プロジェクト」は資金調達手段としてだけでなく、APU内のベトナム学生を結束させるものでもありました。このことを念頭に置いて、できるだけ多くの学生が販売に関わることができるような最良の方法を考えましたが、すぐに参加者全員の予定を調整するのがむずかしいことが判明しました。また、別府市では本物のベトナム料理の味を再現するための本物の材料を見つけることが困難でした。プロジェクトチームのメンバー、レ・アン・トゥー(APS1)は、振り返って「一日目は、料理の味についてあまりいいフィードバックをもらえなかったので、少しがっかりしました」と言いました。「それでも、次の日にもっとおいしくするために、一人ひとりのコメントに耳を傾けました。何日か後、料理を出している時、一人の教授が近づいてきて、『今日はベトナム料理を食べに来ました。私はあなた方の目的を知っているので。』と私に言いました。それを聞いて、本当に感動しました。「Lunch Relief-募金プロジェクト」のお客様の一人、APUの企業人材育成プログラム(GCEP)の研修生で日本電気株式会社社員の田中宏昌さんは、『これは私にとって初めてのベトナム料理です』とコメントしました。『私には食べやすい味で、とてもおいしかったです。ベトナム料理を楽しむことができて、お腹もいっぱいになって、さらにベトナムの方々に寄付ができる。本当に素敵なプロジェクトだと思います。 』また、チームはその準備段階からFacebookに投稿し、プロジェクト期間中毎日更新しました。プロジェクトに関する紹介ビデオはアップロードされてから、800以上の閲覧数がありました。


5日間行われた販売活動で、54560円集まりました。そして、カフェテリアの情報ブースで学生と教職員のみなさまから合計12935円の寄付をいただきました。合計67,495円をAPUベトナムオフィスの代表者に渡し、被災地の救援と復旧への支援としてベトナム赤十字に寄付する予定です。プロジェクトメンバー、ホアン・グエン・ビック・ゴック(APS4)は「『Lunch Relief-募金プロジェクト』は、APUの学生、APUの先生方やスタッフ、またベトナム人学生コミュニティのサポートと応援がなければ、実現できなかったと思います。人間の精神には国境がありません。これは、 私にとって素晴らしい経験でした。」と言い、安堵の表情を見せました。


「Lunch Relief-募金プロジェクト」チームの代表者、ルエン・ディン・ティン(APM4)は、「まず、私は我々のプロジェクトに参加したすべての人に感謝を述べたいです」と振り返りました。「料理は毎日完売しましたが、ベトナム人によるベトナム人のための最初のチャリティプロジェクトとして、まだ改善の余地があります。みなさんの参加を見て、私はこのプロジェクトが、受け入れられており、ベトナム人学生、ベトナム人以外の学生の双方からかなり肯定的な反応を受けたと感じています。みなさん、ありがとうございました。 」


 


座って食事をする時、仕事の疲れが癒され、再び活力を得ます。それは、日常的で単純でどこにでもあるものですが、被災地にいる人たちにとってはそうではありません。影響を受けていない地域に住んでいると、私たちは安全ですが、助けを必要としている人のことをあまり考えなくなります。分かち合うという行為は、思いやりの行為です。「Lunch Relief-募金プロジェクト」では、この分かち合い、思いやりの精神がベトナム人学生とその他のAPU学生の間で、あたためられ、確認されたのです。


「Lunch Relief-募金プロジェクト」ビデオへのリンク:http://www.youtube.com/watch?v=SSm853QvbbA&fmt=22

PREVIOUSE PAGE
APU学生広報スタッフ - Student Press Assistant (SPA)
NGHIEM Quoc Hoai Minh (ベトナム)