events BY TOPIC

PRINT PAGE
 

2013/06/03

鉄輪地獄蒸し工房de料理大会

4月12日(日)。
もう夏が始まったのかと思わせるような日差しの中、朝8:45に集合をした場所は、「地獄蒸し工房鉄輪(じごくむしこうぼうかんなわ)」。

ここ鉄輪(かんなわ)は、温泉街ならではの湯けむりがあちらこちらから立ち上っており、温泉の蒸気を利用した調理を体験できる施設がいくつかある。「地獄蒸し工房鉄輪」もその中の一つだ。 「地獄釜」と呼ばれる釜に食材を入れて蓋をすれば、パワフルな蒸気に包まれて、短時間で素材の味や栄養が活きた蒸し料理が出来上がる。釜の温度は一定でこそないが、大体90~100度の温度を保っている。ちょっと釜の蓋を開けば、勢いよく蒸気が立ち込め、たちまち煙に包まれてしまう。まさに「地獄釜」なのである。
そんな鉄輪の「地獄釜」で、世界の蒸し料理を作ってみようというAPU国際料理大会が始まった。

 

【推奨ブラウザ】
Firefox 19.x以上でJavaScript有効を推奨


VIEW ALL SPECIAL