お知らせ

2008年 11月

2009/12/18

12月2日(水)に立命館アジア太平洋大学と経済産業省 九州経済産業局(資源エネルギー環境部 環境対策課)、九州地域環境・リサイクル産業交流プラザ(K-RIP)との共催で、環境ビジネスを展開する企業と環境ビジネスに関心のある学生の相互の理解促進とネットワーク形成を目指した「九州環境クラスター大学 国際ネットワーク交流会〜環境キャリアを育てよう〜」が開催されました。

詳細はこちらをご覧ください。

トピック
地域連携
2009/12/17

2009年10月26日(木)〜11月6日(日)までの約2週間、カンボジア、ラオス、パプア・ニューギニア、サモア、ソロモン諸島、トンガ、ベトナムの7カ国13名の公務員が、「地域資源を利用した地域振興・地場産業活性化の為の開発手法」を学ぶためにAPUで研修を受けました。本研修はAPUが国際協力機構(JICA)の委託を受け、NPO法人ハットウ・オンパクの協力をもとに実施したものです。


トピック
国際協力
2009/11/19

2009年11月4日と18日の二日間にわたり、09年度春セメスター大学院修士課程学生フィールドリサーチ補助に採択された10名の学生による研究成果発表会を実施しました。


トピック
研究活動
2009/11/16

2009年10月5日(月)〜16日(金)、APUで「アンデス地域 一村一品運動」研修を行い、コロンビア・エクアドル・ペルー各国の公務員18名が参加しました。同研修は、APUが国際協力機構(JICA)の委託を受けて実施したものです。


トピック
国際協力
2009/11/11

財団法人九州経済調査協会主催、APU等の後援により、下記の通り「ドラマティック!九州経済 in おおいた」を開催いたします。会場では、大分の企業の歴史や実力が映像や写真、年表などにより、わかりやすく紹介されます。また、30日には、経済人と有識者による大分の未来を考えるパネルディスカッション「大分からの挑戦」や、アジア太平洋学部 韓志昊准教授ならびにAPU学生が感じた大分・別府の魅力を伝える「観光セッションおおいた」、さらに12月1日には、大分で活躍するベンチャー企業経営者と学生が本音で語るベンチャーセッション「ベンチャーという生き方」を開催し、大分経済の活性化策を議論いたします。

学生、教職員の皆様お誘い合わせの上、奮ってご参加頂きますようにお願い致します。


トピック
地域連携
2009/11/10

環境ビジネス関連の海外進出企業との人材交流イベントを下記のように開催いたします。

【九州環境クラスター大学〜国際ネットワーク交流会〜】


トピック
セミナー|地域連携
2009/9/30

2009年8月31日〜9月10日までの約2週間、インドネシア、マレーシア、タイの3カ国7名の公務員が、「地域資源を活用した地域振興・地場産業活性化のための開発手法」を学ぶためにAPUで研修を行いました。この研修はAPUが国際協力機構(JICA)の委託を受け、NPO法人ハットウ・オンパク(*)の協力をもとに実施したものです。

トピック
国際協力
2009/9/2

リチャード・ダッシャー教授(スタンフォード大学 アジア・米国技術経営研究センター所長)講演のご案内

本学アジア太平洋イノベーション・マネージメント・センター(AP-IMAC)と研究協力に関する覚書を締結いたしておりますスタンフォード大学 アジア・米国技術経営研究センター(U.S.- Asia Technology Management Center)のリチャード・ダッシャー(Dr. Richard B. Dasher)アジア・米国技術経営研究センター所長(スタンフォード大学顧問教授)が、大分に来訪され、講演されます。


トピック
研究活動
2009/8/24

2009年7月16日から8月5日までの約3週間、APUが実施する「チリ地域産業振興のための地方行政機能強化研修」に、チリ共和国の公務員8名が参加しました。この研修は、APUが国際協力機構(JICA)の委託を受けて実施したもので、今回で2年目になります


トピック
国際協力
2009/7/28

2009年7月18日(土)、高校生を対象にした「ひらめき☆ときめきサイエンス ようこそ大学の研究室へ」をAPUで開催し、大分県内から22名の高校生が参加しました。


トピック
セミナー
  1. 1
  2. 2
  3. 3

ページトップへ戻る