立命館アジア太平洋大学

CLOSE

教育

APSラーニング・ゴール/科目と修得できる力の対応表(CAM)

APS・GSA開講の科目を履修する学生のみなさん

ここでは、「カリキュラム・アライメント・マトリックス(科目と修得できる力の対応表)」(通称CAM)と呼ばれるものを提示しています。CAMとは、それぞれの科目において期待されている学生の学びを、APS・GSAそれぞれの学位プログラム単位で一覧できるようにしたもので、「学びの質保証」(通称AOL:Assurance of Learning)のために使用されるものです。AOLとは、大学や学部・研究科が掲げる教学上のミッションをどの程度達成しているかを測定し、その結果に応じて改善を図っていくプロセス全体を指します。

CAMの上段には、以下に示している3つのラーニング・ゴール(学習成果)と、それぞれのラーニング・ゴールのもとに2~3つのラーニング・オブジェクティブ(学習目標)が列記されています。いずれもAPU開学宣言、APS・GSAミッションに基づいて作成されたものです。ラーニング・ゴールは、学位修得時に学生に達成して欲しい姿を表現し、ラーニング・オブジェクティブは、より具体的に学生に修得して欲しい能力を明示しています。「学びの質保証」においては、後者が測定されます。

APS ラーニング・ゴール(学習成果)とラーニング・オブジェクティブ(学習目標)

  1. 1. 学問的知識・理解
    1. アジア太平洋地域を中心にグローバルな社会についての基礎的および関連する知識を身につけている。
    2. 「環境・開発」「観光学」「国際関係」「文化・社会・メディア」の4つの学修分野のいずれかを体系的に理解している。
    3. 変化し続けるグローバルな社会について学問横断的に理解している。
  2. 2. 能力とスキル
    1. 論理的・批判的に思考することができる
    2. 専門・技術的なスキルを身につけている。
    3. 思考において、また、自分の考えを表現する際に創造性を発揮できる。
  3. 3. 社会関与
    1. 少なくとも1つの第2言語に精通している。
    2. グローバル社会において、異なる文化・価値をもつ他者と適切にコミュニケーションを取ることができる。
    3. グローバルな視点から、リーダーシップを発揮しつつ、責任ある行動を取ることができる。

科目と修得できる力の対応表(CAM)

それぞれの科目がどのような知識・技能を身に付けさせようとしているのか、CAMを確認し、みなさんの履修計画の参考にしてください。

APS学部長・GSA研究科長 李燕

PAGETOP