立命館アジア太平洋大学

CLOSE

ニュース

DAYS JAPAN写真展開催

2008/10/31

2008年10月25日(土)、26日(日)、APUコンベンションホールにてDAYS JAPAN写真展実行委員会主催の報道写真展「DAYS JAPAN写真展 地球の上を歩く 2007-2008」が開催されました。


この写真展は、フォトジャーナリズム月刊誌「DAYS JAPAN」が毎年開催している「DAYS国際フォトジャーナリズム賞」を受賞した作品、約40点を展示したもので、会場には多くの学生、一般市民の方々が訪れました。

展示された写真は、反戦、平和、非核、環境問題、命の尊厳を主題としており、中には、アドリース・ラティーフ氏の「孤立するビルマ」と題した、ミャンマーで取材中命を落とした日本人ジャーナリスト、長井健司さんが銃撃された瞬間を記録した写真やブレント・スタートン氏の「コンゴ民主共和国:ゴリラの殺害」と題した、食用のために殺害されたたマウンテンゴリラの写真など、報道写真の数々が展示されました。

世界的にも著名なフォトジャーナリスト達が命をかけて撮影した写真からは、国際社会へのメッセージが込められ、真剣な眼差しで写真を見つめる来場者の姿が見られました。



  • LINEで送る

PAGETOP