立命館アジア太平洋大学

CLOSE

ニュース

JICAフィリピン地方自治クラスター活性化セミナー研修修了式

2008/10/30

2008年10月24日(金)、約2週間に及ぶ大分での研修を終え、JICAフィリピン地方自治クラスター活性化セミナー(一村一品)研修の修了式がAPUで行われました。JICAによるフィリピン地方自治クラスター活性化セミナー(一村一品)研修は今年で3年目を迎え、今回は、フィリピン各地から8名の町長が来日し、APUでは1週間の研修が実施されました。APU教員による講義・ディスカッションのほか、竹田市・黒川温泉・九重町での視察と講義が行われました。九重町では坂本和昭町長を表敬訪問し、直接、地域振興の取り組みについて講義をいただく機会もありました。参加者は、今回の研修によって得た様々な知識・経験を、自らの町政にどのように生かすのか、各自アイデアを持って帰国されました。

APUでは、独立行政法人・国際協力機構(JICA)主催のODA技術協力事業の一環として、世界各国からの研修生を受け入れています。大分県は一村一品運動の発祥の地として、国際的にも高い関心を得ており、2008年度はフィリピンの他に、アフリカ地域、ASEAN地域、チリ、東ティモールの研修生を受け入れています。



  • LINEで送る

PAGETOP