立命館アジア太平洋大学

CLOSE

ニュース

ボツワナ共和国の駐日特命全権大使オスカー・モツワハエ閣下が来学

2008/10/9

2008年10月2日(木)、ボツワナ共和国の駐日特命全権大使オスカー・モツワハエ閣下一行が来学され、モンテ カセム学長と対談を行いました。


モツワハエ閣下には昨年12月にも来学いただいており、今回で2度目の来学となりました。
対談の中でモツワハエ閣下は「今後より多くのボツワナの学生がAPUで学ぶことができるよう、全力を尽くします。ボツワナは、科学と技術の専門分野で名高い、日本との関係の強化を望んでおります。ボツワナとAPUとが協力関係を築き、両国の関係強化への出発点となることを期待します。」 とお話し下さいました。

それを受けてカセム学長は「APUでは日本の企業と密接な関係を持っており、それによって多くの国際学生が就職しています。社会において貢献できる、ボツワナからの優秀な学生がAPUで学ぶようになることを期待します」と、ボツワナとAPUの今後の協力関係強化に向けて、建設的な対談となりました。

APUは2007年3月にボツワナのボツワナ大学(The University of Botswana)と協力協定を締結し、ツーリズム、e-ガバナンス、健康マネジメントなどの分野で連携し、相互に交換留学生の受け入れを行っています。



  • LINEで送る

PAGETOP