立命館アジア太平洋大学

CLOSE

ニュース

Habitat APU「ちゃりんこプレゼン」実施

2008/9/19

APUボランティアサークル・Habitat APUのメンバー15名は、9月19日〜28日までの11日間、北部九州3県(熊本県、福岡県、大分県)を自転車で移動しながら、街頭募金活動や高校でのプレゼンテーション活動を行う「ちゃりんこプレゼン」を実施しています。


「ちゃりんこプレゼン」はHabitat APUにとって初めての試みであり、ハビタットの活動や世界の貧困に対して多くの方に知ってもらうことを目的として企画されました。
メンバー一行は熊本市で街頭募金活動を行い、市内の高校にてプレゼンテーションを行った翌日、最初の目的地である太宰府市を目指して出発しました。そして大宰府市から福岡市、北九州市と移動しながら、街頭募金活動や高校でのプレゼンテーションを行っていきます。この活動によって集められた募金は、活動母体であるHabitat For Humanity Internationalへ寄付され、住居建築資金の一部として活用されます。

この「ちゃりんこプレゼン」企画の代表を務める靏 雄亮さん(APS2 日本)(TSURU YUSUKE)は出発に先立ち、今回の企画の抱負を次のように語りました。「世界には「ただいま」と言える家のない人達がたくさんいるという現状と、我々ハビタットの活動内容を一人でも多くの方に知っていただくため、一瞬一瞬の人との出会いを大切に活動していきたいです。」

Habitat APUは、2006年にHabitat For Humanity Internationalの学生支部として設立され、現在部員数40名。これまでにフィリピンやタイでの建築ボランティア活動や、学内での報告会、写真展などの活動を行っています。
Habitat APU  http://habitatapu.web.fc2.com/

今後の街頭募金予定
9月21日(日)11:00〜18:00 福岡市  天神岩田屋前
9月22日(月)10:00〜12:00 福岡市  天神岩田屋前
9月25日(木)10:00〜16:00 北九州市 JR黒崎駅前
9月26日(金)10:00〜17:00 北九州市 JR小倉駅前

※Habitat For Humanity International
 1976年設立。“誰もがきちんとした場所で暮らせる世界”の理念の下、世界から貧困住居とホームレス問題をなくすことを目的に、これまでに20万軒の住居を建築し、100万人以上の人々へ支援を行っています。
http://www.habitatjp.org/index.php




  • LINEで送る

PAGETOP