立命館アジア太平洋大学

CLOSE

ニュース

駐日クロアチア共和国大使来学

2008/5/19

2008年5月12日、駐日クロアチア共和国特命全権大使ドラゴ・シュタンブク氏がAPUに来学されました。APUからはカセム学長、近藤祐一APS教授、ゴトビ・ナデルAPS准教授が大使を出迎え、現在、大分県内で開催中の別府アルゲリッチ音楽祭の話から、立命館学園の建学精神まで広範囲にわたって意見を交換しました。


シュタンブク大使は「国際化が進む中、世界から優秀な人材を集めることは大切な要素になる。日本社会が、日本語だけでなく、英語でも容易に仕事、生活できる環境になれば、もっと世界から優秀な人材が集まり、国際競争力も増すはずだ」と述べ、カセム学長は「APUはまさに英語、日本語の二つを柱にした大学で、両言語で活躍できる人材を育成しています」と話しました。

懇談の後、昼食会がAPUカフェテリアで行われ、その後、大使は大分を後にしました。



  • LINEで送る

PAGETOP