立命館アジア太平洋大学

CLOSE

ニュース

陰山英男先生の講演会を開催

2008/1/30

2008年1月16日(水)、APUにて立命館小学校副校長・立命館大学教授であり、「百ます計算」の推奨者として有名な、陰山英男先生の特別講演会が行われました。


陰山先生は「生きる力と学力」をテーマに講演され、知能や学力向上の決め手は脳の機能強化であり、「早寝、早起き、朝御飯」というフレーズに代表される生活習慣の指導により学力や生活力が向上し、百ます計算などの「単純な反復の高速化」が脳を鍛えると述べ、その具体的な指導方法について話されました。

また、国内教育に関する様々なデータや各国の教育事情を例に日本の教育問題についても触れ、学生への質問やユーモアを交えての講義に時折笑い声が上がりました。先生は、APUの学生に向けて「やる気があれば道は開けます。新しい時代を切り開いて欲しい」とメッセージを送られました。



  • LINEで送る

PAGETOP