立命館アジア太平洋大学

CLOSE

ニュース

「第2回 Festival of Thinkers」にカセム学長が出席し、"Japan Special"セッションを実施しました。

2007/10/31

アラブ首長国連邦(UAE)は2年に1回、ノーベル賞受賞者を含む世界の有識者を招き、国際会議Festival of Thinkersを開催しています。今年も2004年ノーベル平和賞受賞者のWangari Maathaiさんをはじめ16名のノーベル賞受賞者など、世界から150名の有識者が招かれて10月22日から24日まで、アブダビおよびドバイで開催されました。日本の大学からは唯一APUが招待され、また、主催者側より日本を紹介するセッションの実施要請があり、「Japan Special」と名づけられたセッションでは「Rising from the Ashes」をテーマに掲げ、日本が戦後驚くべき復興を遂げた点について報告しました。



このJapan SpecialはAPUが内容および出席メンバーを準備したもので、カセム学長をコーディネータに、パネリストとして黒川清氏(政策研究大学院教授、内閣特別顧問、前日本学術会議会長)、石倉洋子氏(一橋大学大学院教授)、Nassrine Azimi氏(国連訓練調査研究所アジア太平洋地域広島事務所長)、池坊雅史氏(華道家元池坊総務所事務総長)、佐々木康人氏(池坊中央研修学院研究員)にご参加いただきました。

Japan Specialにはノーベル賞受賞者、有識者、大学生350名が参加しました。

このセッションでは池坊雅史氏、佐々木康人氏が日本の代表的伝統文化としての生け花を紹介、デモンストレーションが実施され、参加者の大きな関心を呼びました。

 なお、Festival of Thinkersには高等教育・科学研究省大臣であり、Higher College of Technologyの総長でもあるNahayan殿下も出席されました。




  • LINEで送る

PAGETOP