立命館アジア太平洋大学

CLOSE

ニュース

APU学生が臼杵祇園祭りに参加

2004/7/11

7月11日(日)から始まった臼杵祇園祭りで、APUの国際学生14名(13カ国)と国内学生7名の計21名が神輿担ぎに参加しました。これは、臼杵市とAPUとの交流協定に基づく交流事業の一環として行われたものです。学生たちは、臼杵市の中心部にある八坂神社から、北海添(きたかいぞえ)地区にある八坂神社御旅所までの約1キロメートルを3基あるうちでもっとも重い一番神輿を臼杵市職員や県臼津関振興局職員らと交代で担ぎました。

この日の祭りの行列には約2000人が参加し、一番神輿の先導は後藤國利市長がつとめました。後藤市長は、「APUの学生が参加してくれてとてもうれしい。また来てください」と学生を激励していました。


  • LINEで送る

PAGETOP