立命館アジア太平洋大学
  • SNS
    facebook Ustream
  • お問合せ
  • アクセス
MENU CLOSE

ニュース

オナーズプログラムを開始

教育プログラム

2017/1/18

オナーズプログラム-APU生のロールモデルとなり、多文化環境の中で他の学生、母校および国際社会、地域へ貢献する学生を育成する特別プログラム-

APUは、2016年秋よりAPU生のロールモデル(模範的存在)となり、APUの多文化環境の中で他の学生、母校および国際社会、地域へ貢献する学生を育成する特別プログラム「Honors Program for Global Citizenship」を開始しました。9月23日に開講式を行い、オナーズプログラム1期生の17名(国際学生9名-アメリカ、インドネシア、ウズベキスタン、パキスタン、バングラディッシュ、フィンランド、フランス、ブルガリア、ベトナム出身-と国内学生8名)に対し、是永学長が一人ひとりに認定書を授与し、激励しました。

本プログラムは1回生の選抜された学生らによって構成され、4年間に渡ってAPUの多文化環境を存分に活かして、同じ志をもつ仲間と切磋琢磨し、「アジア太平洋の未来創造に貢献する有為の人材」へ成長しようと努力する学生をサポートするプログラムです。

コーディネーターである五十峰聖 教育開発・学修支援センター准教授は、「このプログラムの最大の特長は、単なる学業エリートの集まりではないという点です。APUの教育方針の1つである“協働学習”の模範となるべく、課外活動、リーダーシップ、ボランティア経験、地域貢献などにおいてポテンシャルの高い学生たちを選びました。また他のプログラムでは見られない、4年間に渡る教職員によるメンター制度を導入することで、定期的かつ長期的なアドバイジングを通して学生の成長をサポートしていきます。今後は様々な企画や機会、ネットワークを通して学び得た成果を、大学や地域等へ還元することにも積極的に取り組み、利他の精神も身につけることを望んでいます。」とプログラム生に期待を寄せています。


是永学長(前列中央)、プログラム1期生の学生とメンターの教職員たち



Honors Program for Global Citizenshipのイメージ図

PAGETOP