立命館アジア太平洋大学

CLOSE

ニュース

小和田 恆国際司法裁判所所長がAPUで特別講義

講演・シンポジウム|来学者

2011/12/26

2011年12月16日(金)、薬師寺 公夫教授の「国際法JA」の授業の一環として、国際司法裁判所所長、小和田 恆氏を講師として迎え、「国際司法裁判所の最近の活動」をテーマに特別講義を行いました。

小和田氏は1955年に外務省に入省後、条約局長、外務事務次官、国連大使など外交の要職を歴任され、1999年に退官後、2003年には国際司法裁判所の判事に選出され、2009年、日本人として初めて国際司法裁判所所長に選出されています。

会場を埋め尽くした学生は真剣に講義に耳を傾けました。小和田氏の講義は国際関係に興味を持つ学生にとって、国際的な視野を広げる貴重な機会となりました。



  • LINEで送る

PAGETOP