立命館アジア太平洋大学

CLOSE

ニュース

清水 武則在モンゴル日本国大使がAPUを訪問

来学者

2011/9/26

2011年9月20日(火)、清水 武則在モンゴル日本国特命全権大使と後藤 佐代子NPO法人大分人材育成・地域文化交流協会会長がAPUを訪問され、是永 駿学長と懇談しました。

懇談の中で是永学長は「日英両言語で授業を行う教学システムは留学生へ日本留学の門戸を広げており、更に多文化環境の中で培ったコミュニケーション力と日本語能力は、日本での就職を希望する学生にとって強みとなっています」とAPUの特徴的な教学について紹介しました。それを受けて清水大使は「モンゴル人は母国の民主化を支援した日本に対して親しみを感じており、日本語を学び、日本への留学を希望する学生も大勢います」と話し、APUの教学システムに関心を寄せました。

大分県出身の清水大使は外務省入省後、在モンゴル日本大使館の参事官を務めるなど、長年にわたり日本とモンゴルとの交流に尽力され、2011年9月1日付けで在モンゴル日本国特命全権大使に任命されました。

中国文学を研究する是永学長と日蒙関係に精通する清水大使は、中国の経済的な台頭や日中関係、中蒙関係、日蒙関係など東アジアの国際情勢について意見交換したほか、ともに大分県出身の後藤会長とともに、郷土の話題に触れるなど、終始打ち解けた懇談となりました。



  • LINEで送る

PAGETOP