立命館アジア太平洋大学

CLOSE

ニュース

学生サークルTable For Two APUがカフェテリアで限定メニューを販売

学生生活

2011/8/2

2011年7月4日(月)~7月8日(金)、学生サークル「Table For Two APU」が、食事を通して国際貢献に取り組むTABLE FOR TWOの活動に賛同し、カフェテリアで「野菜雑穀カレー」と「冷やしキムチうどん」、「鶏の梅風味丼」の三種類の限定メニューを販売しました。

TABLE FOR TWOとは、特定非営利活動法人TABLE FOR TWO International(TFT)が進める途上国の飢餓と先進国の肥満や生活習慣病の解消に同時に取り組む、日本発の国際貢献活動です。対象となる健康やカロリーに配慮したヘルシーメニューを購入すると、1食につき20円(途上国の給食1食分)が、TFTを通じてアフリカなど途上国の学校給食として寄付されます。

TFTの活動に賛同した樹下 有斗さん(APM2、日本)ら学生6名が学生サークル「TABLE FOR TWO APU」を立上げ、この企画にAPUのカフェテリアを運営する立命館生協が協力し、今回の試験導入に至りました。

期間中は650kcal以内に抑えた、栄養バランスを考えたヘルシーなメニューを提供し、どのメニューもあっという間に売り切れてしまうほどの大人気でした。

代表の樹下さんは「このプロジェクトを通じて、より多くの人々に自分自身の体や食生活に関心を持ってもらいたいです。また身近な‘食’を通して、人々が気軽に国際貢献に参加するきっかけになれば嬉しいです。今後は、各国のヘルシーメニューを取り入れたAPUらしさ溢れるTable For Two APUのオリジナルメニューを開発し、販売していきたいです」と話しました。

取材:木村 薫(APM2、日本)
APU学生広報スタッフ<Student Press Assistant(SPA)>



  • LINEで送る

PAGETOP