立命館アジア太平洋大学

CLOSE

ニュース

2011年度マルチカルチュラルウィーク:ミャンマーウィーク グランドショーを開催

学生生活|イベント

2011/7/21

2011年6月24日(金)、APUミレニアムホールでミャンマーウィークのグランドショーを開催しました。学生や教職員のほか、高校生や地域住民の方など大勢の来場者がショーを楽しみました。ショーはUSTREAMを使って生中継しました。

今年のグランドショーでは、11世紀に栄えたバガン王国時代から伝わる伝統舞踊「Bahgan Dance」や男性による剣舞「Sword Dance」を披露したほか、ミャンマーの伝統的な衣装のファッションショーや傘を使った「Pathein Htee Dance」と呼ばれる踊りなどミャンマーの様々な伝統芸能を披露しました。また来場者には記念品としてミャンマーの伝統工芸品のキーホルダーもプレゼントしました。

来場したFan haiboさん(APS2、中国)は「今回初めてミャンマーウィークのグランドショーを見ました。ファッションショーで披露していた独特の伝統衣装がとても印象的でした。他にも、ダンスや劇が多くあり、楽しく見ることができました」とショーの感想を述べました。

毎年趣向を凝らしたステージを提供するマルチカルチュラルウィークのグランドショーは、多くの学生が時間をかけて練習を重ね、完成度の高い演技は毎年、学内外の好評を博しています。ぜひ一度ご覧になってみてはいかがでしょうか。

 

取材:大神 健一郎(APM2、日本)
APU学生広報スタッフ<Student Press Assistant(SPA)>



  • LINEで送る

PAGETOP