立命館アジア太平洋大学

CLOSE

ニュース

APU学生5名が国際会議「Education Without Borders 2011」に参加

学生生活|講演・シンポジウム

2011/5/6

2011年3月28日(月)~31日(木)、APUの代表として5名の国際学生が、中東ドバイの高等技術大学が主催した国際学生会議「Education Without Borders(直訳:国境なき教育。以下EWB)」に参加しました。会議には130ヶ国300大学から約1000名の代表学生が参加しました。


「Innovative Solutions to Global Challenges…Diverse Perspective; Unified Action(直訳:地球規模の問題に対する革新的解決に向けて・・・様々な見解;統一した行動)」をテーマとした4日間の会議で、参加者は学生による様々な発表を聞いたほか、ワークショップに参加し、教育や経済、科学、科学技術、ニューメディア、政策などについて意見を交換しました。

また会議と並行して、英国のトニー・ブレア元首相や人身売買撲滅を訴え続けるネパールの活動家Anuradha Koirala氏など国際的な著名人を講演者として招待した世界フォーラムも開催されました。


参加者は学術的なプログラムに加えて、様々な文化交流活動や大規模な花火大会といったドバイやアブダビの音や風景を堪能しました。EWBは世界中の学生と交流し、国際的にも非常に有名な講演者の意見を聞き、特徴的なUAEの文化やホスピタリティに直接触れる貴重な機会となりました。

EWBに参加したAPU学生は、次のように感想を述べています。

Pajaree ACKARADEJRUANGSRIさん(GSAD1、タイ)
Robert Swan 氏の基調講演がとても印象的でした。EWBは互いが学びあうことのできる素晴らしい国際会議でした。若く才能ある仲間に囲まれ、この素晴らしい会議に参加できてとても光栄です。
 


Passaporn VICHAI(GSAM2、タイ)
EWBは、私の視野を広げ、素晴らしい人々に出会い、私の考えを世界中の学生と共有する、忘れられない経験となりました。また、多くの著名人のスピーチから刺激を受け、私たち若者が世界の未来のために重要な役割を担っていると気付くことができました。

Eur-U-Sa ANUCHACHARTさん(GSAM2、タイ)
EWBへ参加し、学ぶことの多い刺激的な毎日は忘れられない経験となりました。今後より多くの学生がEWBに参加して、この経験を共有してほしいと思います。

 

取材:Dimithri Dveinda Jayagoda(GSAM 2, Sri Lanka)
APU学生広報スタッフ<Student Press Assistant(SPA)>


 

 



  • LINEで送る

PAGETOP