立命館アジア太平洋大学

CLOSE

ニュース

APU開学10周年記念事業終了式を開催

学生生活|イベント

2010/10/4

2010年9月30日(木)、「APU開学10周年記念事業」を締めくくる終了式をAPUカフェテリアで行い、昨年10月1日から始まった記念事業期間に幕を閉じました。


式は、学生スタッフ(STA)の司会により進行し、10周年事業期間中に開催した、シンポジウム「日米中 新時代への展望」やプロ野球選手会との共催企画「ワールドキャッチボール・クラシック」、APU学生と大分合同新聞社の合同企画新聞「APU PRESS」など多岐に渡る事業を一つひとつ紹介しました。

続いて、大学と校友会の共催企画「10周年グッズアイデアコンテスト」の表彰式を行い、授賞した学生や職員5名が賞状と記念品を受け取りました。最優秀賞を受賞した畑添 愛理さん(APS4、日本)発案の「内成米粉クッキー」と佐藤 友紀さん(APS3、日本)のアイデアを基にデザインしたピンバッチ「感謝のプレゼント」は、2010年10月23日の天空祭(大学祭)で発売予定です。



その後、是永 駿学長が「APUは、非常に崇高なミッションを掲げています。今、アジア太平洋地域は、多くの紛争や衝突事変が続きますが、APUの皆さん、あるいは卒業生が、それを平和的な構図で解決することを期待しています。新しい10年を迎えるにあたって、この崇高な理念を今一度、皆さんの胸の中に刻み込んで頂きたいと思います」と挨拶しました。

終盤、司会の学生が「これで終了式は終わりますが、これから、20年、30年、50年、100年とAPUの新しい歴史を私たちの手で築いていきましょう」と訴えました。最後に、観覧していた学生や教職員で記念写真を撮影し、式は終了しました。

当日は、記念事業期間中に地域の皆さまへの感謝を込めて走行したラッピングバスも大学構内で展示され、訪れた学生や教職員が記念撮影をする姿もありました。

APU開学10周年記念事業期間は終了しましたが、引き続き、APU校友会主催の同窓会イベント「APUホームカミングデイ〜世界中からおかえりなさい〜」や10周年企画アイデアコンテスト入賞アイデアである、渡辺 若菜 講師による落語などを実施予定です。

また、期間中に実施した事業やAPUに寄せられたメッセージは引き続き10周年記念サイトでご覧いただけます。
10周年記念サイト: http://www.apu10th.com/





  • LINEで送る

PAGETOP