立命館アジア太平洋大学

CLOSE

ニュース

APU学生が東京で開催されたG4エコノミックトークシンポジウムに参加

学生生活

2010/5/6


2010年3月22日(月)〜27日(土)、APUのインドネシア出身の国際学生Arisyi Fariza Raz さん(APM4、インドネシア)、Tamarind Puri Khiranti Indra さん(APM4、インドネシア) 、Iqra Anugrah さん(APS3、インドネシア)の3名が東京で開催された「Iuventum G4 Economic Talk symposium」に参加し、アメリカ、ドイツ、中国、日本(G4)の大学で学ぶ学生と6日間に渡って様々な地球規模の問題について意見交換をしました。
グローバル化や地域主義、衛生問題といった様々な経済に関連する課題について取り上げたパネルディスカッションで、3人は東京大学や早稲田大学など日本や海外の有名大学の学生と肩を並べ、日頃の成果を発揮しました。

会議中、参加者はトヨタやフォルクスワーゲンなど自動車産業の代表者から、環境にやさしい技術の紹介や二酸化炭素排出量削減など、地球温暖化に対する取り組みについて話を聞く機会もありました。会議の最後に、参加者は2020年へ向けた提案や目標を盛り込んだ共同声明を発表しました。

会議を振り返って、Iqraさんは「会議に参加し、新しい発見や、多くの一流大学の学生と直面する世界的な経済問題について意見交換し、充実した時間を過ごすことが出来ました」と話しました。

G4エコノミックトークシンポジウムはG8ユースサミットジャパン、独日青少年協会(DJJG)、国連大学高等研究所などの支援を受けています。

取材:Raz Arisyi Fariza (APM3、インドネシア)
APU学生広報スタッフ<Student Press Assistant (SPA)>



  • LINEで送る

PAGETOP