立命館アジア太平洋大学

CLOSE

ニュース

MUSYTONEがうすき竹宵で歌のパフォーマンスを披露

学生生活

2009/11/27

2009年11月7日(土)、8日(日)、APUコーラスサークル「MUSY TONE」が、臼杵市で開催された「うすき竹宵」で歌とトーンチャイムのパフォーマンスを披露しました。


MUSYTONEの同イベントへの参加は2回目で、当日は中国・韓国など世界の国の歌をはじめ、6ヶ国語で数を数える「数え歌」やトーンチャイムで日本の童謡「赤とんぼ」を演奏するなど、国際色豊なメンバーがそろったMUSYTONEらしい楽曲を披露しました。
またオカリナ、ウクレレの演奏と一緒にジブリアニメの挿入歌を歌ったり、来場者の方々と一緒に「ふるさと」を合唱したりと、来場者も参加したアットホームな雰囲気のコンサートとなりました。

コンサートに参加した木村 優子さん(APM4、日本)は「去年に引き続き、とても幻想的なうすき竹宵のステージで歌えたことを大変嬉しく思います。本番では、一緒に口ずさんだり、中には目頭をおさえながら聞いてくださったりする観客の方もいて、一緒に楽しんで頂けたと感じました。これからも地域の皆さんとふれあえる活動を行っていきたいと思います」と今後の抱負を話しました。

MUSY TONEは2006年に設立し、現在国際学生21名、国内学生4名の計25名が、学内だけでなく地域そして世界に共生のハーモニーを届けたいという思いをもって活動しています。これまでにも別府市内の病院で定期的にコンサートを行ったり、天空祭などの学内イベントでパフォーマンスを行ったりし、学内外で積極的に活動を続けています。(http://www.youtube.com/user/MusyTone2006)



  • LINEで送る

PAGETOP