立命館アジア太平洋大学

CLOSE

ニュース

APUで「第3回マイクロソフトセミナー」を開催

学生生活|講演・シンポジウム

2009/11/12

2009年10月28日(水)、学生サークル“APU-CT”がマイクロソフト社から講師を迎え、「マイクロソフトセミナー」を開催しました。


セミナーはマイクロソフト社が学生向けに提供している支援プログラムのひとつである「オンキャンパスイベント」プログラムを利用したもので、アカデミック・エヴァンゲリストと呼ばれるマイクロソフト社から無償で派遣された講師と、サークルの代表学生による映像処理ソフトの講義を行いました。

当日は、マイクロソフト社のアカデミック・エヴァンゲリスト斉藤 仁氏が、最新OS「ウインドウズ7」の使い方や既存OSとの性能の違いやロボット製作ソフト「ロボテック」の紹介と使い方を講義しました。また、APU-CT代表のBILESANMI Yusufさん(APS4、ナイジェリア)が映像処理ソフト「Deep Zoom」を最大限に活用した使用法を紹介しました。会場には学生のほか一般市民も訪れ、熱心に講義を聞く姿が見られました。

セミナーに参加した学生の一人は「ウインドウズ7の性能について知る貴重な機会でした。また機会があればセミナーに参加したいです」と感想を寄せました。またAPU-CT代表のYusufさんは「講義後に、デザインの仕事に携わる別府市民の方から、同様の講義にもっと参加したいと感想をいただきました。将来、我々学生と別府の市民の方とが協力してビジネスを展開していけるようになれたらうれしいです」と今後の抱負を述べました。



  • LINEで送る

PAGETOP