立命館アジア太平洋大学

CLOSE

ニュース

国際的に注目を集めるAPU大学院MBAプログラム

教育プログラム

2009/10/14

APUはアジア太平洋地域や世界を舞台に経済市場の中心的役割を担う卒業生に求められる知識と技能を教授するMBAプログラムの強化に力を注ぎ、世界中から注目を集めています。
フランスを拠点とする大学ランキングサイト“EDUNIVERSAL”独自の調査結果により選出した「世界ビジネス・スクール ベスト1000」で、APU大学院経営管理研究科が国際的な影響力を持つ大学として“三ツ星”を獲得し“EXCELLENT Business School(優秀なビジネス・スクール)”に選出され、日本国内ランクでは11位の評価を受けました。このランキングの選出に当たって、EDUNIVERSALは認証や国際機関への所属、また地域、国内、そして世界的にみた評価など様々な角度から総合的に判断し、順位を策定しています。

また、Quacquarelli Symonds (QS)が管理するWebサイトのMBAランキング 「2009世界ビジネス・スクール ベスト200」 で、“The Employers’ Choice(直訳:雇用主が選ぶ学校)”の一つとして選出されました。これはQSが実施した世界42ヶ国600余社からのアンケート調査によるもので、国際企業から見て好ましいビジネススクールの上位200校のひとつとして評価されました。

アジア太平洋地域に焦点を当てたMBAプログラムの数少ないMBAプログラムのひとつとして、経営管理研究科では企業経営のしっかりとした基礎知識と、“ファイナンス”、“国際ビジネスとマーケティング”、“イノベーションと技術経営”、“移行経済・経営システム・デザイン”の4分野における専門家を養成するための選択科目を提供しています

熱心な教授陣と様々な企業経験を持つ専門家が一体となって、経営の実践と理論を世界中から集積し、真にグローバルな視野を持ったMBAプログラムを提供することに全力を尽くしています。



  • LINEで送る

PAGETOP