立命館アジア太平洋大学

CLOSE

ニュース

学生サークル「国際事務局OASIS」が学生交流イベントを開催!

学生生活

2009/7/23

2009年7月16日(木)、学生自治会設立を目指し活動する学生団体、国際事務局OASIS (=Organization of APU Students and International Societies)がAPUキャンパス内で国際学生と国内学生の交流促進を目的とするイベント「APU amazing race ~APUの果てまで行ってQ~」を開催しました。


このイベントは今年1月にOASIS(当時)が行った第二回国際会議(*)で挙がった「APUの多文化環境を活かして、もっと国際学生と国内学生が交流する場が欲しい」という意見を受けて実施したもので、9カ国・地域の国際学生と国内学生24名が交流を深めました。

参加者は3つのチームに分かれて、クイズやゲームで得点を競いながら交流しました。クイズでは「APUの標高は何メートルでしょう」などAPUにまつわる問題を出題し、学生たちは相談しながら難問に取り組みました。またジェスチャーゲーム、豆つかみ、長縄の3つのゲームに挑戦し、豆つかみでは時間内に箸を使っていくつ豆を運べるかを競い、国際学生の苦戦する姿が見られました。優勝したのはウズベキスタンやベトナム出身学生が参加したチームで、賞品として花火などを受け取りました。



参加者の一人KARIMOV Ravshanbekさん(APM2、ウズベキスタン)は「クイズは難しかったけれど新しい友達ができて、とても楽しかったです」と感想を述べました。また別の参加者の伊東 亮祐さん(APM1、日本)は「ジェスチャーゲームが面白かったです。またこのような機会があれば是非参加したいです」と話しました。

国際事務局OASIS(2009年春、OASISから名称変更)は「APUの国際性を活かし、より豊かなキャンパスライフを創り出す」という活動理念の元、学生自治会の設立を目指し2005年秋に発足しました。現在は今回のイベントに加え、前述の第二回国際会議の意見を大学側に伝える活動や情報誌の発行など、学生の生の声を原動力に理想のAPUライフを実現することを目指して日々活動しています。

(*)2009年1月にOASISが開催した「第二回国際会議」の記事はこちらをご覧下さい。
http://www.apu.ac.jp/home/news/article/?storyid=1098

取材:小森 緑(APM2, 日本)
APU学生広報スタッフ<Student Press Assistant (SPA)>




  • LINEで送る

PAGETOP