立命館アジア太平洋大学

CLOSE

ニュース

2008年度ダイキン工業奨学金授与式

学生生活|連携事業

2009/1/30

2009年1月22日(水)、ダイキン工業奨学金授与式をAPUで行いました。
同奨学金は、将来、アジア太平洋地域の地域向上および社会発展に寄与し得る人物の育成を目的に2008年度より設立されました。


授与式には、ダイキン工業式会社執行役員 岡田慎也氏と人事本部採用育成グループ部長 山田智彦氏、2008度奨学金採用対象者の国際学生5名が出席しました。
横山研治学生部長がAPUを代表してお礼を述べた後、岡田氏が「グローバルにビジネスを展開する中で、商品やサービスのほかにもグローバルにお返しができないかと考えていました。APUは多文化環境の中で多くの学生が切磋琢磨する大学のため、ここでの学びを原点に世界や社会全体に貢献できる人材になって欲しいです」と激励しました。その後、岡田氏が学生一人ひとりに奨学金目録を手渡しました。

今回、奨学金を受けたLEE Ji Young(APM2、韓国)は「奨学金を頂くことができ、とても嬉しく思います。これを励みに勉学に打ちこみ、将来は多国籍企業で文化や習慣に合うマネジメントを行っていきたいです」と感謝を表しました。その後の時間では、学生から「日本のもの作りの強さの秘訣は」や「韓国のエアコンには絵が描かれており、家電製品も芸術性を帯びています。日本でも製作してはいかがですか」などの質問や提案が相次ぎ、活発な交流の場となりました。

ダイキン工業株式会社は、今回の奨学金制度設立のほか、APUが実施する日本初の留学生支援事業「グローバルビジネスリーダー育成プログラム」の連携企業として、グローバルに活躍する人材の育成に取り組んでいます。

グローバルビジネスリーダー育成プログラムの詳細はこちら

2008年度のダイキン工業奨学生は、以下のとおりです。
HAJ MOHAMAD Mohammad(APS3、シリア)
HIMAS Mohamed Hilluru Mohamed(APM2、スリランカ)
LEE Ji Young(APM2、韓国)
PARK Sung Min(APM2、韓国)
YOO Chul Sung(APM3、韓国)

取材担当:佐々野 桜(APS2、日本)



  • LINEで送る

PAGETOP