立命館アジア太平洋大学

CLOSE

ニュース

理想のAPU ライフを!学生サークルOASISが国際会議を実施

学生生活

2009/1/27

2009年1月20日(火)、学生自治会(=Student Counselor)設立を目指し活動する学生サークルOASIS(=Organization of APU Students and International Societies)が、APUの授業や施設などの現状と課題について意見交換を行う「第二回国際会議(=Second International Conference)」を開催しました。国際学生およそ40名を含む約50名の学生が集い、活発なディスカッションを行いました。


会議の開催に向けて、昨年12月下旬から国際学生を対象に学校生活についてのアンケートを実施し、その集約結果を元にディスカッションを行いました。参加者は「授業の質をもっと高めるべきだ」や「色々な国籍の人がいるのだから、もっと交流の場を増やしたい」など積極的に意見を出し合い、会議は白熱したものとなりました。

OASISは今回の会議の意見を集約し現状を知った上で、今春サークルではなく独立組織として生まれ変わり、学生自治会の前身となる国際事務局(International Bureau)の設立を予定しています。より多くの学生、またAPUの教職員や別府市民が参加する国際会議の開催に向けてOASISは動き始めています。

OASISは「APUの国際性を活かし、より豊かなキャンパスライフを創り出す」という活動理念の元、学生自治会を設立しようと2005年秋に発足しました。年間を通して開催されるマルチカルチュラル ウィークの運営サポートや、2008年は全国障害者スポーツ大会でのボランティア活動「ふれあい企画」に参加するなど学内外で様々な活動を行ってきました。学生の生の声を原動力に理想のAPU ライフを実現することを目指し、日々活動しています。

取材担当:小森 緑(APS1、日本)



  • LINEで送る

PAGETOP