立命館アジア太平洋大学
  • SNS
    facebook Ustream
  • お問合せ
  • アクセス
MENU CLOSE

留学・海外学習

留学に向けた大学のサポート

APUでは、学生の学習意欲を高めるために充実した支援体制を構築しています。教職員による学生への親身なアドバイスや学生同士の学び合いによって、高い学習効果を実現しています。

SALC(言語自主学習センター)

正課外での言語学習をサポートする自習室としてSALC(Self-Access Learning Center/言語自主学習センター)を開設しています。
SALCでは、言語担当の教員のほか、英語基準の学生が英語のピア・アドバイザー(PA)として、また日本人学生が日本語のPAとして、それぞれの言語の会話練習や筆記練習を支援しており、語学力を伸ばしたいと考えている学生は自由に利用することができます。

この他に国際学生と国内学生が交流を通してお互いの言語力を高めあうことを目的としたアクティビティも実施しており、SALCはAPUの環境を生かした学び合いの場でもあります。

また、学生の多様なニーズに応え、多読用の書籍や言語検定の対策本、言語を基礎から学ぶための書籍など、日本語・英語の学習教材だけでなく、APUで開講しているアジア太平洋言語(中国語・韓国語・マレー/インドネシア語・スペイン語・タイ語・ベトナム語)の書籍も、レベル毎にさまざまな種類を取り揃えています。

SEA(学生留学アドバイザー)

SEA(Student Exchange Adviser/学生留学アドバイザー)は、海外で交換留学を体験した学生から成る組織で、アカデミック・オフィスと協力しながら、交換留学を希望する学生の支援を行っています。

最長一年の留学期間中に、学生は英語で専門知識を学ぶため、高い英語力が必要とされます。また出願締め切りは出発の約1年前で、しっかりと学習計画を立てる必要があります。SEAはこうした留学のための学習相談や目標達成に向けた学習計画の立て方といった留学準備から、留学先での学習や生活、また留学後の方向性など、実体験に基づいた多岐に渡るアドバイスを行っています。

SEAの活動理念は「自分たちの経験を後輩へ伝えること」です。アカデミック・オフィス内の専用ブースで、留学希望者の様々な不安や悩みに応えているほか、定期的に留学支援イベントや相談会を開催し、留学・海外学習の魅力を紹介しています。

BASE(交換留学準備プログラム)

BASEは、2年次または3年次に1年間の長期交換留学を目指す学生20名程度を希望者の中から選抜し、交換留学に必要となる英語運用能力、コミュニケーション能力、積極性、異文化適応能力の習得を目指す、正課外の留学準備コースです。

選抜されたコース生は、一年間の受講期間中、通常の履修科目に加えて、週一回の英語の授業やワークショップへの参加、国内外での研修など、特別なカリキュラムを受講し、英語運用能力や留学先で必要となるコミュニケーション力を高めていきます。

また教職員による学習指導や個別カウンセリング、同コースの受講経験を持ち、交換留学から帰国した先輩学生による学習支援や留学相談など、きめ細かなサポートを受けながら、目標とする海外留学へ向けて着実に力をつけていきます。

体験談
2015年度BASEプログラム参加
佐藤萌夏
2016年度夏派遣 タイ Thammasat University交換留学

BASE生としての1年間は、貴重な経験が詰まったものでした。中でも、自分自身と納得のいくまで向き合えたことは意味の大きいことであったと思います。授業や研修で自己分析を繰り返し、自分の良い所だけでなく悪い所も顕著に浮かび上がりましたが、それにしっかりと向き合うことで、自分のやりたいことに合った留学のプランを組み、事前準備をすることができたと感じています。経験は自信になり、自信は新しい挑戦に繋がります。BASEでの経験が、留学先でのさらなる挑戦に繋がると確信しています。

関連リンク

言語教育

世界各国から人々が集うAPUは、学内の公用語である日本語・英語のほか、中国語、韓国語、マレー・インドネシア語、スペイン語、タイ語、ベトナム語などアジア太平洋地域の言語を日常的に耳にする機会も多く、言語運用能力を高めるには最適な環境です。

学内には言語教育センターを設け、英語・日本語はもとより、上記アジア太平洋地域の6言語をレベル別に開講し、経験豊富な言語担当教員が先進的な言語教育を行うほか、正課と連動した海外学習プログラムの設計など、充実した言語学習の場を提供しています。

日本語基準で入学した学生は、入学後すぐに行うプレイスメントテストの結果によって、自分にあったレベルの英語科目を受講し、読む・書く・発表するとった英語の基本技能を修得し、英語で開講される教養科目や専門科目の履修に備えます。また学内で定期的にTOEFL®ITPやTOEIC®IPの試験を実施し、自身の英語運用能力を客観的に測る機会も提供しています。

また、入学当時は日本語を全く話せなかった留学生も、ひらがなを覚える基礎のステージから、複雑な文章を理解できる発展のステージまで、自身のレベルにあった段階的な授業によって日本語運用能力を向上させ、日本での就職や大学院進学など、将来のキャリアに必要な日本語運用能力を身につけていきます。

関連リンク

PAGETOP