学修分野(2017年度カリキュラム)

APSの学修分野

アジア太平洋地域の多様な文化、歴史、社会、自然環境や歴史情勢などに関する基礎知識や言語運用能力を核として、アジア太平洋地域の諸問題に関する専門性や総合的な問題解決能力を形成するため、次の4つの学修分野を設置しています。アジア太平洋学部の卒業要件の1つとして、下記の学修分野から自分の希望する分野を1つ選択し、当該学修分野の必修科目(共通教養科目)を2単位以上、および当該学修分野の専門教育科目を28単位以上修得することが定められています。選択した学修分野の名称は学位記に記載されます。申請できる学修分野は1つのみです。

学修分野
環境・開発 Environment and Development
観光学 Hospitality and Tourism
国際関係 International Relations and Peace Studies
文化・社会・メディア Culture, Society and Media
学修分野申請方法

2017年度カリキュラム適用学生(APS)の皆さんは、修正期間2(第2セメスターから第6セメスターまで)に学修分野をCampusmateから申請してください。詳細は、申請マニュアルを参照してください。
各学修分野に配置された科目は下記のカリキュラム図から確認できます。APSカリキュラム図(PDF)

APMの学修分野

多様な社会、文化、伝統への深い理解および経営学に関する知識をもち、グローバル化するビジネス社会の中で様々な背景をもった人々とコミュニケーションをとりながら経営問題を発見し解決できる能力、高い職業倫理を備えた人材を育成するため、次の4つの学修分野を設置しています。
各学修分野に配置された科目から12単位以上(演習科目は4単位まで含めることができます)修得した場合、履修した当該分野の学修分野名称が学位記へ記載されます。ただし、学位記へ記載するためには、Campusmateから自分の希望する学修分野を申請する必要があります。なお、申請できる学修分野は1つのみです。

学修分野
会計・ファイナンス Accounting and Finance
マーケティング Marketing
経営戦略と組織 Strategic Management and Organization
イノベーション・経済学 Innovation and Economics
学修分野申請方法

2017年度カリキュラム適用学生(APM)の皆さんは、履修科目登録期間(A期間・B期間・修正期間1・修正期間2)に学修分野をCampusmateから申請してください。詳細は、申請マニュアルを参照してください。
各学修分野に配置された科目は下記のカリキュラム図から確認できます。APMカリキュラム図(PDF)

ページトップへ戻る