同一科目再履修

通常は、一旦単位修得した科目を再度履修することはできません。ただし、同一科目再履修制度により既に合格評価を得た科目について、より学修内容を深めたい場合に、以下の条件を満たせば、再度履修することを認める場合があります。

2019年度春セメスター

申請の条件:
  • 対象科目
    2019年度春セメスターに開講される講義科目のみ(言語科目・演習科目は含みません)
    2018年度春セメスター以前に履修した科目で、有効評価(A+、A、B、C)がついている科目
  • 対象学生
    2019年度春セメスターに「通常」在籍の学生
対象とならない科目および申請が認められないケース:

以下に該当する申請については、申請が認められません。

  • 2019年度春セメスターに開講されない科目。
  • 2018年度秋セメスターに履修し有効評価(A+、A、B、C)がついている科目。
  • 2011年度カリキュラム改革、または2017年度カリキュラム改革に伴う名称変更科目、閉講科目。
  • 言語科目、演習科目、複数回受講が可能な科目、シラバスで履修条件が決められている科目、大学により自動登録される科目。*学部履修ハンドブック、シラバス参照
  • 履修科目登録B期間開始前の時点で定員の空きがない科目。
  • 同一科目でシラバスの内容・担当教員や開講言語が同じ科目は申請不可。(同一科目でもシラバス内容・担当教員・開講言語のいづれかが異なる科目は申請可能。)
  • 申請理由が明確でない場合。(当該講義を再度受講し、どのような点を学修したいのか200字以上で明確に理由を述べてください)
  • 開講科目名称間違い・担当教員名間違い・重複申請などの申請不備がある場合申請は認められません。
  • 再履修を申請した科目と2019年度春セメスターに大学が自動登録した科目が時間割重複している場合。
再履修のながれ
  1. 3月13日(水)-15日(金)16:30までに同一科目再履修申請オンラインフォームから申請してください。
  2. 申請理由に基づき審査を行います。再履修が許可されれば、履修科目登録B期間開始前に定員が残っている講義科目(クラス)のみ、大学がすでに修得している成績を「R(Re-register)」に変更します。
  3. 許可された科目は、履修科目登録B期間開始前までに大学が登録します。
  4. 申請結果は4月3日(水)21:00以降に自身でCampusmateの成績照会画面で確認をしてください。
注意事項
  1. 再履修申請許可後、既に修得している成績を大学が「R(Re- register)」評価に変更します。
  2. 変更された「R」評価は、一旦変更されるといかなる理由でも元の成績には戻せません。
  3. 「R」評価となった科目が、ある科目の前提科目となっている場合には、前提科目条件を満たしているものとして扱います。
  4. 「R」評価は成績通知書、成績証明書に記載されます。
  5. 「R」評価の科目は卒業に必要な単位数や各学修分野の単位数、GPAには集計されません。
  6. 再履修が許可された科目の単位とその成績のみが、卒業に必要な単位、各学修分野の単位数 GPAに集計されます。
  7. 再履修が許可された科目の成績が、既修得の成績よりも低い評価であっても、再履修が許可された科目の成績が卒業に必要な単位数や学修分野、GPAに反映されます。 
  8. 再履修が許可された科目は、大学が履修科目登録を行います。一旦登録された科目は、学生自身での取消ができません。
  9. 再履修が許可された科目と同じ時限に、履修科目登録A期間で学生自身が別の科目を履修登録している場合は、学生自身が登録した科目を削除します。
  10. 再履修が許可された科目を大学が登録した結果、学生の履修上限単位数を超えてしまう場合は、単位数分の講義科目を大学が任意で削除します(削除する科目を学生が選択することはできません)。

ページトップへ戻る