FIRST:体験談

2010年春(韓国):髙橋 佑馬

first_koreaFIRSTで韓国に行ったのは6 月で、APU に入学してまだ2ヶ月という早い時期から海外体験ができて、とても良かったです。出発前は、FIRST で知り合えたメンバーと一緒に韓国語を勉強したり、韓国人TA とも合流して特別授業をしてもらったりしました。プログラム中は、その成果を発揮して、自分たちの力で韓国を回れたのが楽しかったです。僕たちのFIRST の体験はそれだけに留まらず、夏休みを利用してもう一度韓国を旅して回りました。受験生のころには想像も出来なかったようなことをFIRSTで経験することができました。


2009年春(台湾): 大津 奈々

first_taiwan私は、FIRST に参加して確実に物事に対する考え方が変わりました。私が学んだことは、「自分が行動しないと何も始まらず、相手には伝わらないということ」、「何事も『やってみよう!』というチャレンジ精神が持てるようになったこと」です。異文化コミュニケーションには言語力も必要ですが、現地の人と交流する中で、言葉が違っていてもお互いに相手に何とかして伝えようとする気持ちが大切だということに気がつきました。FIRST を通して、今までに気が付いていなかった可能性に気づかされ、新しい自分を見つけることができました。現在は、国際学生を対象とした国内FIRST プログラムのTA(Teaching Assistant)として活動しています。FIRSTに出会えて良かったです!

ページトップへ戻る