言語科目の履修免除

大学が指定する条件を満たした場合、申請により、言語教育科目(英語、日本語、AP言語)の履修免除を受けることができます。

2011年度カリキュラム

ページトップへ戻る