2011年度カリキュラム適用学生向けのページです

卒業見込判定

定められた在学期間(通常は4年間)で卒業できる見込みがあるかを判定するものです。これは、就職活動を主に日本で行う際に、「卒業見込証明書」の提出を求めれらることが一般的であるためです。
ただし、あくまで卒業の「見込み」があるかの判定であって、卒業を保証するものではありません。

卒業見込判定基準
2017年度および2011年度カリキュラム

判定時期 判定基準 発行時期
通常学生 第6セメスター終了時 76単位以上修得

春セメスター:4月上旬

秋セメスター:10月上旬

第7セメスター終了時

以降、各セメスター終了時

100単位以上修得※
早期卒業

第4セメスター終了時

以降、各セメスター終了時

早期卒業プログラム

登録許可学生

※76単位以上修得の場合は、アカデミック・オフィスへの申請により、卒業見込判定を受けることができます。

復学・再入学により適用カリキュラムが2006年度から2011年度に変更になった学生
入学時期 判定時期 判定基準 備考
通常学生 春(4月) 第6セメスター終了時
以降、各セメスター終了時
80単位以上修得 64単位以上修得の場合は、アカデミック・オフィスへの申請により、卒業見込み判定を受けることができます
秋(9月) 第5セメスター終了時
以降、各セメスター終了時
66単位以上修得 44単位以上修得の場合は、アカデミック・オフィスへの申請により、卒業見込み判定を受けることができます
  • 「卒業見込証明書」はA 棟1 階およびAPUライブラリー1 階の自動証明書発行機から発行できます。
  • 各種証明書の申請方法、学位授与式当日の証明書の申請と受け取りについては、スチュー デント・オフィスホームページを参照してください。
  • 判定時期以降、卒業まで毎セメスター卒業見込判定を行います。

ページトップへ戻る